×進化したビーグレン化粧水 QuSomeローション、セラミドを増やし長時間保湿を実現

今回は新たにリニューアルした化粧水b.glen「QuSomeローション」についてご紹介したいと思います。

先日ご紹介したビーグレンのトライアル「乾燥・保湿ケア」セットのご紹介・口コミ記事
ビーグレン「乾燥・保湿ケア」トライアルセットの口コミ・レビュー

乾燥・保湿ケア3

注目すべきさらに進化した化粧水の評価は?

…我慢できないので、結果から先に答えちゃいます。

期待を裏切らないものでした!

新たに化粧水のためだけに開発した浸透テクノロジー「Charged QuSome🄬」で36倍の浸透力と6倍キープ力を実現!

これまでの化粧水では考えられない17時間続くうるおい体験。

使った瞬間から肌がふっくらしっとりとして、明らかに効果があるのが感じられました。

早速、詳しくお話していきますね。


私がお試ししたのはこちらのセットです。



バナーをクリックいただくと公式サイトの紹介ページに飛びます。

QuSomeローションは、ニキビ跡セットを除く全てのトライアルに含まれています。



残り3日!特別限定価格キャンペーン中

続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



続きを読む
関連記事

×大人の毛穴ケアに特効薬、洗顔だけでは不十分

大人の毛穴悩み

・毛穴ブツブツ いちご鼻で目立つ
・頬の毛穴がぱっくり開いて目立つ
・メイクをしても毛穴が目立つ
・きちんと洗顔しているのに毛穴が目立つ

30代を過ぎてからの毛穴トラブルは、もう「洗顔」だけでは解決できないかもしれません。

なぜなら10代の頃のような過剰な皮脂やホルモン バランスの乱れが原因ではないからです。

かといって、過度の角質ケアは肌を傷めるだけだし、毛穴パックやコメドプッシャーなどで角栓を除去してもエンドレス。

一度開いた毛穴は2度と戻らない?

9fb41_1330_a408e194_f7f30f0c.jpg

そんなことはありません、あきらめないで。

ちゃんと適切なケアをしていけば、いくつになっても毛穴レスになれます。

私も多少時間はかかりましたが、44歳になった今が一番毛穴キレイです♡

今回は、オススメの「大人の毛穴ケア」についてご紹介します。

続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



続きを読む
関連記事

×肌年齢マイナス10歳を叶えたスキンケア化粧品

Demitri Otis 13

スキンケア判定 : 肌年齢 63歳

キメ 62歳
透明感 50歳
血色 54歳
ツヤ 70歳
ハリ柔軟性 55歳


このスキンケア チェックの結果、実は私の母のものです。
母は73歳、いつも実年齢より若く見られます。

とはいえ、
私もさすがに「透明感50歳」には度肝を抜かれました。
肌年齢マイナス23歳ですよ!?

日々の基本ケアを普通にしているだけで、エステどころか自宅でパックさえしたことのない人です。

なぜこれだけの肌年齢をキープできているのでしょう?

その母が長年愛用してる化粧品があります。
それはアテニアの「ドレスリフト」です。

今回はアテニア「ドレスリフト」スキンケアラインについてご紹介したいと思います。




バナーをクリックしていただくと公式サイトの紹介ページへ飛びます。



続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪




続きを読む
関連記事

×若々しさの条件は透明感のある素肌

鏡を見て「老けたなぁ」と思う瞬間ありませんか?

老いの象徴と言えばシワやたるみですが、

特に目立ったシワやたるみがなくても、なんとなく老けて見える場合があります。

それって肌の透明感が失われつつあるのかもしれません。

imgc2146929cfe0c13c4ae5609a0516b565c1.jpg

キメの整ったハリツヤのある肌は、自然と透明感のある若々しい肌になります。

でも、年齢を重ねるほど増えていく肌悩みの中でも乾燥・シミ・くすみ・キメの乱れ・毛穴目立ちなど、これらは全て透明感の敵!です。

年齢を重ねるほど要注意。

肌の透明感がなくなるとますます老けて見られます!


そこで今回は、透明感のある若々しい素肌を取り戻す方法について考えてみます。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪


続きを読む
関連記事

×もぐもぐ体操でフェイスライン、二重あごをスッキリ解消

IMG_9627.jpg


そろそろタートルネックの季節も終わりますね。

春になると軽やかに首元を見せたくなります。

とはいえ、年齢のでやすい首元、冬の時期ついケアをサボっていたので…

ぼやけたフェイスライン、微妙にたるんだあごのラインが気になります。

本格的に温かくなる前に、もっさりしたフェイスラインをスッキリ解消しておきましょう!


今回は気軽に隙間時間に行える「もぐもぐ体操」をご紹介します。 ←勝手に命名。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪

続きを読む
関連記事