×化粧品ジプシーになる前に自分を振り返ってみる

乾燥肌が止まらない!肌荒れが治らない!とお悩みの方。

治らないのは化粧品が肌に合わないせいかも?と化粧品ジプシーになっていませんか?

f13131933a48f611add4f7a5ea6ff1f5_s.jpg

中には「ケアが足りないのかも?」とスペシャルケアを取り入れている方もいるかと思います。

悩みが深ければ深いほど、必死にケアしたくなる。

でも、いくらケアしても自分の望むような結果は得られない。

そういった場合、もしかしたら全く思いがけない理由が そこにはあるかもしれません。


そこで今回は、私の経験談よりスキンケアに対する思い込みやNGケアについてお話したいと思います。

今回は具体的な解決策というより、その答えにたどり着いたキッカケのようなお話です。

もしかしたら身に覚えのあることかもしれませんよ?

ちょっと退屈なお話かもしれないので、ご興味のない方はザッと飛ばし読みして下さい。



あ、でも応援していただけたら嬉しいです♪



続きを読む

×頭痛とは違う?頭皮に触れるとズキッと痛む理由

髪をバッサリ切ったことで発覚した「おこでのたるみ」しわ予備軍!これを改善するためにシリーズで「おでこのしわ・たるみを解消する方法」をご紹介してきました。

前回ご紹介した記事で頭のコリがたるみ・シワ・くすみ・目のくまなどの原因になることをお伝えし、解消法としてマッサージをおすすめしました。

またお読みでない方はコチラからどうぞ!
頭のコリをほぐしてシワ予防!おでこのしわを改善する方法

実は、あの時すごく悩んでいたことがあるのです。

マッサージのため頭皮に触れると、右側のこめかみの上あたりにしこりのようなものがあり、そこに触れると電気が走ったようなズキンと痛みがあったんです。

女性10-3

このしこりはいつからなのか?最近?
髪を切るまで朝に髪を結んでからシャンプーするまで結びっぱなしで全然気がつきませんでした。

鋭い痛みに気づいたのは2週間前、あの「頭のコリ」の記事を書くためにマッサージをはじめた時、激痛が走ってビビったんです。

最初は「そうか!これが頭のコリなんだぁ」と思っていたんですが、1週間マッサージしても痛みが一向に治まらず、日に日に不安が募りました。

ネットで私の症状をいくつかのキーワードで検索すると恐ろしい病名ばかり!?でも、微妙に症状が違い納得できませんでした。

でも、今あの子たちを置いては逝けない!と思い、近いうちにCTでも受けた方がいいのかも…と思い悩んでいたんです。

そうこうしているうちに、ネットでやっとたどり着いた私と似た症状の方の書き込みと回答を見つけて、ようやく安心できました!

痛みの犯人は、やはり「頭のコリ」だったんです。

質問の書き込みへの回答者の方は、開業している整体師さんでした。

頭の中からズキンズキンするような従来の頭痛とは異なる、触らなければそんなに痛まない、ピンポイントに触れると痛いというケース、こんな症状で来院される方のほとんどが「頭のコリ」が原因なのだそうです。

しこりのように感じていたのも凝り固まった筋肉?
「頭のコリ」というには、あまりにも鋭い痛みだったので、にわかには信じられなかったのですが…。

頭の筋肉は薄くて、すぐ下に頭蓋があるため、触れたり押さえることで患部が骨に当たるたってしまい痛みが強くなりがちなのだそうです。

頭のコリが原因の場合、往々にして肩こり・首こり・背中のハリなど上半身全体が凝っている状態で、血行不良やリンパも滞っているそうです。

女性7-6

なるほど、どれも私にも当てはまります。
この1ヶ月は肩甲骨エクササイズをサボリ気味なうえに、仕事が立て込んでいてパソコンの前に座りっぱなしでした。なので、上半身はバッキバキに凝っていました。


そこで、まずは上半身~頭のコリを解消するため、以下の試みを心掛けました。

・ ウエスト中心にしていたエクササイズを「肩甲骨エクササイズ」に変更
・ 仕事中もできるだけひと休みして肩を回すなど身体を動かす
・ ソンバーユで首からデコルテのリンパドレナージュを念入りに行う
・ 頭のコリをほぐすマッサージを行う

これらを1週間ちょっと続けた結果、しこりは消え、痛みも消えました。ついでに、肩こり・首こりも改善してきました。


いやぁ、この2週間本当に不安な思いをしました。

痛みが解消されたことで医療機関へ行くことは見合わせましたが、しばらくは注意深く過ごしたいと思います。


もし頭痛とは少し違う、触れるとズキンと痛むような症状に悩んでいる方がいらしたら、参考にしていただけたらと思います。

もちろん全ての頭の痛みが「頭のコリ」だとは限りません。

マッサージやツボ押しなどコリを解消する努力をしても症状に変化がない場合はキチンと医療機関へかかることをお勧めします。


大げさに聞こえるかもしれませんが、当たり前に過ごしているような日常や健康など、それがどんなに愛しく大切なものか、ちょっと考えさせられました。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


×小さな変化が勇気をくれる、できることから始めよう!

IMG_9697.jpg
© We Heart It

11月にバッサリ髪を切ったhana.です。
なかなか新鮮です。

年齢を重ねていくと、「何かを変える」って簡単なようでいて、結構難しくなりませんか?

長年続けてきたことをスッパリやめたり、切り替えたり、新しいことに挑戦したり…例えば、メイク方法やファッションを変えること…他には習慣を変えることとか?

物を増やしたり、減らしたりすることは比較的容易に取り組むことができるのに、いざ自分自身のことになると臆病に…言葉では「面倒くさいし」なんて自分を誤魔化していました。

私の場合、ただでさえ産後の肌荒れや体型変化、年齢を重ねるごとにたるむ顔や身体、自分では無意識に「変化」をおそれるようになっていたのかもしれません。

特に、肌荒れに関しては、ケアすればケアするほど悪化する一方で、もうお手上げ状態であきらめていました。

もう変わらないで!=老けたくない=現状維持、みたいな方程式が自分の中に生まれていたのかな…

でも考えてみたら、「変化」って後ろ向きなことばかりではないんですよね!?

allabout co jp

私に「髪型を変える」勇気をくれたのは、「肌の変化」です。

スキンケアを見直すうちに肌がドンドン変化していく。毎日些細な変化を見つけては一喜一憂するようになったんです♪

こんなに鏡と向き合ったのは何年ぶりだろう。

肌の改善を素直に喜び、変化を受け入れることで、他の「変化」にもチャレンジしたくなったんです。

そこで、先週髪をバッサリ切ったんですが、髪も気持ちもスッと軽くなりました。

長女を生んでから7年ぶりに髪型を変えました。

髪を長くしていた理由はただひとつ「結べて楽だから」、そんなわけで365日ほぼ毎日髪を下ろすことなく結び続けていました。

美容師さんに「きっと似合うから」と新しい髪型をいろいろ勧められても…「スタイリングとか面倒なんで、いつも通りでいいです。とにかく結んだ時にまとまりが良いようにして下さい」

これを7年間、なんとも洒落っ気も面白みもない客でしたね(笑)

ロングヘアの方が女性らしい?長けりゃいいってものでもないだろうに…

今思えば何かに囚われているように髪型を変えないことに固執していました。 もしかして、ちょっと病んでた??


さて、実際に髪を切ってみたら?全然手間でも面倒でもありません!?

スタイリングにかかる時間は約1分以内(笑) 私の性格をよく知っている美容師さんは、とてもスタイリングが楽な髪型にしてくれています。

あごのラインに切りそろえて、ゆるくパーマをかけた髪が、風に揺れたり、歩くたびにフワフワと揺れる感じ♡

髪を切ったら絶対邪魔になるに違いない!と思い込んでいましたが、邪魔どころか、揺れる髪が心地よい♪

久しぶりのイメチェンにウキウキした気分です。

2児の母である以前に、私は妻であること、女性であること、自分自身を装うことを楽しむ気持ちをスッカリ忘れていました。

この少しの心境の変化が、どれだけ気持ちを勇気づけてくれるでしょうか?

次は、一時休戦していたダイエットを再開すること!にチャレンジしたいと思います!

ecfd1848e76af04d40455e4eda662015_s.jpg

髪型を変えるキッカケをくれたのは、肌の変化。

ダイエットを再開するキッカケをくれたのは、髪型の変化。

身体が引き締まってきたら、身体に沿った上質なニットを1着、自分のご褒美に買いたいと思います♡

もう身体のラインを隠すためだけにビックサイズのドルマンニットばかり着るのに飽きました。

年齢を重ねることや老化などの変化をただ闇雲に恐れるより、変化を楽しみ、抗うところは抗い、受け入れるところは受け入れる。

女性であることを楽しむ気持ちの余裕、忙しく毎日過ごしているとつい忘れがちになっていました。

目覚めろ!自分の中の「女性」の部分って感じです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪



×今すぐ見た目年齢を若返らせる方法 「キレイの習慣」

cdb777c0636d054deb8e0d95f7d5ec5e_s.jpg

40代になって年齢を感じることが増えました。

どんなこと?と言われると

・ 毛穴の開きが目立つ
・ 顔のたるみが気になる
・ 顔のくすみで、不健康な顔つきに
・ 今までなかったシミやしわができた

など、顔や肌に悩みが集中しがちですが、

他にも些細なことで
「あぁ、歳とったなぁ~」と思うことがあります。

そんなことを思い煩っても
年齢を巻き戻すことはできません。

前向きに40代を生きたいと思いませんか?

年齢を巻き戻すことはできなくても、
見た目や肌、身体を若返らせることはできます。

もちろん10代や20代の頃のようにはいきませんが、
40代には40代の、
熟女ならではの美しさがあると思うのです。

70193ad2b3d708a962c67608ef6b8add_s.jpg
私は美魔女と呼ばれるような女性ではありません。
ただの普通の主婦です。

つい最近まで実年齢以上の見た目に甘んじていました w

だからこそ、1歩踏み出すことにしました。

40代を美しく過ごすコツのようなこと

私が取り組んでいることなど
少しずつご紹介できたらいいなぁ~と思います。

専業主婦でも家事や育児で忙しい。
その上、働きながら主婦業もされているなら尚更…

私は基本ズボラなので、
一度にアレコレ頑張ろうと思うと続きません。

熱しやすく冷めやすい自分の性格も熟知していますので w

毎週「コレだけは!?」ということを決めて続けています。

「キレイの習慣」に取り組みはじめて
もう3ヶ月になります。

この方法なら「意外と続く!」と自分で思ったので、
ご紹介することにしました。

新たに「キレイの習慣」というカテゴリーを増やしました。
毎週、特に心掛けたいことアップしていきますね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


×はじめまして

はじめまして、hana.です

55a676dc61511470717e4f0f30f671ca_s.jpg

昭和48年生まれの普通の主婦です。

家族構成は、6歳と3歳の娘、夫の4人家族。

スキンケアを中心にしみ、シワ、たるみ毛穴などの肌の悩みを解消する方法を模索中です。

当ブログでは、私が調べ上げた美容知識やスキンケア方法、実際に試したトライアルセット、化粧品を紹介していきたいと思います。


私はこんな人

結婚前は、東京の外資系ジュエリー会社に勤務。

バリバリ音がするくらいキャリアを磨いていましたが、働きすぎて体調を崩し、そんな頃に出張先で出会った夫に癒されて…スローライフもありかな!?と田舎暮らしを決心。

結婚して仕事を辞め、東京から三重県に嫁いできました。

今も在宅で仕事をしていますが、ほぼ専業主婦です。


田舎なだけに幼稚園でも小学校でも若いママに囲まれて、私は最年長。

それでも
どこか「自分は女性としてキレイな部類」と思い込んでいました。

そんな勘違いが怠惰を生む!?


そんな私もふと我に返りました。

あれ?どんなに着飾っても、どんなに化粧しても、
私ってば全然イケてない!?

結婚・出産・育児を通して、
いつの間にやらオンナオーラが消えていたようです。

悪いのは、体型?姿勢?顔?肌?髪?

40歳を超えて、真剣にいろいろと考えました。

答えは、全部!

当たり前ですよね…
結婚して約7年
オンナであるための努力を一切してこなかったのですから!?

そりゃ、タダのオバサンにもなるわ…


でも、今からでも遅くない

年齢を言い訳にしない
40代だからこその美しさ
枯れない華を目指して、がんばります。

つたない文章になりますが、
お付き合いいただけると嬉しいです♪

hana.

にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ