×保湿の要「セラミド」の役割

冬の気温と湿度の低下、寒風や暖房の影響で、肌の新陳代謝も低下、肌のバリア機能は衰えていく一方です。

その影響で免疫力まで低下してしまい、炎症が引き起こされてしまうと…シミやシワ、くすみや乾燥などの冬肌トラブルが続出します。

そんな時期は、徹底的な保湿ケアで肌を乾燥から守ることが大切です。

Tanpopo Huynh 3
©Tanpopo Huynh

セラミドが角質層の水分保持機能のカギを握っていることは、ご存知の方も多いと思います。

セラミド不足は、乾燥の原因!

まだまだ続く冬の乾燥を乗り越えるためにも、しっかり保湿していきたいものです。

では、このセラミド、どのように生成されているのでしょうか?

肌の水分保持力の要であるセラミドについて正しく理解して、あらゆる肌トラブルの原因となる乾燥を防ぎましょう!


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪




続きを読む

×厚さわずか0.02mm、角質層がにぎる美肌へのカギ

キメが整った、毛穴レスで、もっちりと吸いつくような肌、女性なら誰もが手に入れたいと願う美肌…憧れます。

女性4-9

では、あなたが美肌になるのを邪魔しているのは何でしょう?

・乾燥肌?
・大人ニキビ?
・毛穴の開き、たるみ毛穴?
・鼻の黒ずみ、角栓?
・乱れた肌のキメ?
・しわやシミ?

実は、これらの肌トラブルの多くは、肌のバリア機能が低下して引き起こされているものです。

なぜ肌のバリア機能が低下すると肌荒れや肌の老化を進行させることになるのでしょうか?

美肌のカギを握るのは、厚さがわずか0.02mmしかない角質層です。

0.02mmといえばラップ程度の厚み、これが肌はデリケートだと言われる所以です。

今回は、角質層とバリア機能の関係について掘り下げたいと思います。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪


続きを読む

×肌のターンオーバーが早くでも肌荒れの原因に!?

乾燥や肌荒れ、顔のくすみ、ニキビ、毛穴の開きなどの肌トラブル

37ea7eae665105a5f041a570501c259e_s.jpg

その原因は、「ターンオーバーが遅いから」と考えている方が多いのでは?

実は、そうとは限りません!?

なんとターンオーバーが早過ぎても同様の肌トラブルを引き起こすそうです。

ターンオーバーが遅くなる原因として、加齢や消極的なスキンケアなどが考えられますが、
ターンオーバーが早くなり過ぎる その原因とは?


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪


続きを読む

×肌の構造とその役割を知ることで自分の肌を知る

8b5cd1fd1fde897442a093494d649184_s.jpg

化粧品を選ぶ際、何を基準に選んでいますか?

私の場合、商品の詳細を読んでも「コラーゲン?セラミド?糖化?抗酸化作用?」何を聞いても本当はピンとこなくて…

雑誌でよく紹介されているから、口コミ評価が高いから、なんか効果がありそう!と、正直なんとなく選んでいました。w

せっかくスキンケアにこだわりはじめたのなら、そういった成分の役割や肌のメカニズムを知りたくなりませんか?

これらの成分がどのように肌へ浸透し、作用するのか…?

例えば、深いしわが悩みなのに、小じわに効くクリームを買っても効果はあるかもしれませんが、根本的な解決には至りません(悲)

ちょっとした知識があるだけでも自分に必要なスキンケアが見えてくると思います。

きっと自分に合った化粧品選びに役立ちますよ♪


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪


続きを読む