×毛穴とバリア機能の密接な関係とは?

毛穴トラブルの多くは、バリア機能と密接な関係があるんです!

今までの記事で、毛穴ケアの行き過ぎが、さらに毛穴トラブルを慢性化させたり、悪化させていると原因だと伝えてきましたね。

そして、過剰なケアをやめ、正しい洗顔をマスターすることをゴリゴリ押してきました。w

その理由は、乱れた肌のターンオーバーを正常化させ、バリア機能を高めるためなんです。

バリア機能が働いた肌は、キメが整い、肌本来の保水力も高まり、肌のハリツヤ感もアップします。 さらに、自然と毛穴も引き締まってくるものです。

alonsoler2 3
© alonsoler2

手あたり次第に毛穴ケアや角栓ケアを行うよりも少し遠回りに感じるかもしれませんが、スキンケアを見直しバリア機能を高める根本的なケアをした方が、結果 毛穴レスな美肌への近道だと私は信じています。

そこで今回は、毛穴のためのバリア機能についてご紹介していきますね~


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



毛穴レスの美肌になるには?

毛穴レスな美肌になる条件として、適度なうるおいとハリ・弾力があることがあげられます。憧れます~♡

そのためには、バリア機能が正常に働いていることが美肌を保つためには重要な要素なんです!

バリア機能とは、肌を自らの力でさまざまな刺激から守るためのもの。 この機能が備わっているおかげで、肌を外的刺激から守り、美肌を保つことができるんです。

バリア機能が正常な肌は、セラミドを含む細胞間脂質が肌の水分蒸発を防ぎ、角質層の細胞1つ1つが水分をしっかり蓄えることで、細胞内をふっくらとみずみずしい状態に保つことができます。

また、肌表面が皮脂膜で覆われ適度にうるおいうことで、さらにバリア機能が高まり、肌の水分量やうるおい、ハリ、弾力を保持しやすくなります。

ということは、バリア機能が正常であれば、乾燥による毛穴開きやたるみ毛穴といったトラブルも起こりにくくなるということ。

皮脂は何かと悪者扱いされがちですが、実はバリア機能や美肌に欠かせない要素でもあるんですね~

このためには、まず皮脂を肌表面にスムーズに排出できるよう、毛穴詰まりを予防しておくことも大切なんです。


バリア機能が低下すると?

バリア機能の低下が原因で引き起こされる毛穴悩みがあります。

肌は日頃から冷たい外気や強い紫外線、エアコンなどによる乾燥といった外界の刺激にさらされ、常に肌ストレスを受けやすい環境にあります。

そこに加齢による老化の影響が加わることで、さらにバリア機能が低下しやすい状態になってしまうのです。

また、バリア機能を低下させてしまう原因として、過剰なスキンケアや間違った洗顔方法などが挙げられます。要するに、自らの手で大切なバリア機能を破壊してしまうのです。

これらの原因からバリア機能が異常をきたすと、肌はキメが乱れ水分が蒸発しやすくなり、やがてうるおい不足に陥るようになります。

うるおい不足により乾燥した肌は肌表面の角質がめくれやすくなり、さらに水分が失われることで肌内部が脱水症状のようになります。

結果、細胞間脂質がスカスカになりハリや弾力の低下、乾燥といった悩みを招いてしまうのです。

この状態では毛穴開きやたるみ毛穴が起こりやすいだけでなく、わずかな刺激にも敏感になるため、肌荒れ(かゆみ・ほてり・赤み)やニキビなどのトラブルを誘発してしまうこともあります。


毛穴のためにできること

バリア機能を正常に保つためには、まず皮脂を毛穴からスムーズに排出させてあげることです。

そのためには、毛穴に角栓ができるのを予防し、毛穴を詰まらせないためのケアが必要だと思います。

といっても、過剰なスキンケアは低下したバリア機能をさらに低下させかねないので、私のおすすめの方法は、洗顔方法を見直すことです。

洗顔方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。
肌の悩みはコレを見直さなければ絶対変わらない!

また、バリア機能を向上させるためには、乾燥を予防するための保湿ケアをしっかり行う方法も効果的です。セラミドを補う効果のある基礎化粧品や美容液を使うことで、さらなる効果が期待できます。

そして、自分は乾燥肌だと思っていても、実は毛穴詰まりにより、皮脂が肌表面に排出できないことが原因で乾燥している場合もあるんです。

この場合は、毛穴に詰まった角栓を除去し、目詰まり毛穴を解消するためのケアをまず先に行った方が効果的です。

目詰まり毛穴を解消しただけで皮脂がスムーズに排出され、乾燥肌やバリア機能が改善されることもあります。

Nazia Hussain (2)
© Nazia Hussain

私の鼻はこの状態でした。「極度に皮脂が少ない」と美容カウンターなどで指摘されていましたが、洗顔を見直していくうちに、気づいたら朝起きたら顔がテカるようになったんです!?最初は肌質が急に変わったのかとビックリしましたが、今はまた皮脂の量が落ち着いてきました。 今の状態が私の正常な皮脂分泌なようです。

スキンケアは足りないものを補うためのものです。朝の肌状態を見て、自分の肌でどこが皮脂分泌が多いか?どこが乾燥しがちか?など鏡でじっくり検証してみて下さい。

乾燥のレベルがどのくらいなのかを正しく知った上で、うるおいケアをプラスしましょう。

皮脂分泌が少なく乾燥しがちな部位には化粧水を重ね塗りする、テカりやすい部位には、皮脂という天然の保湿クリームが十分にあるわけですから、クリームは塗らないか、他の部位より少なめにするなど化粧品を使う量を調整するとよいと思います。

最後に、お手入れを正しく行うためには、乾燥と目詰まり、どちらが原因の毛穴トラブルなのかを見極めることが大切なポイントになります。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪



関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する