×おでこのたるみを予防・改善する方法!やさしくマッサージ

年齢と共に気になりだす「しわ」。

そんなシワの中でも、気が付きにくいシワの1つがおでこです。

いつも前髪で隠れていたり、目元や口元ばかり気にしていたり…おでこのしわは気がつきにくいくせに、できてしまうと存在感が半端ない!?

できればガッツリしわが刻まれる前に対処しておきたいものです。

1B24B3CL3F3F1B28B.jpg
© We Heart It

おでこにできるシワの原因について詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてね。
おでこにシワができる原因は老化だけじゃない!?

しわが刻まれる前兆として、肌のたるみや形状記憶線があげられます。 シワは大きくなる前に、小さなうちに退治しちゃいましょう!

今回は、手遅れになる前にしっかりと意識しておきたい、おでこのシワのケア方法を紹介していきますね。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



大切なのは、早く気づくこと!

額に横に入るシワは、皮膚の形状記憶や頭皮の垂れ下がり、乾燥や表情筋の衰えが主な原因です。

また、縦に入るシワは表情癖など繰り返しによる形状記憶でできる場合がほとんどです。

大きなシワは、長い時間を掛けて徐々にできてきます。

最初は小さなシワができるので、早めに見つけて、すぐに保湿や形状記憶線を解消するなどして、常に意識しておくのがポイントです。

私も最近やっと鏡とにらめっこするようになりましたが、以前は忙しいことを理由に1日に一度も鏡を見ない日もありました。 もちろんその頃が一番肌状態がボロボロでした。

鏡で自分の肌状態を確認するのは習慣です。意識して鏡を見るように心掛けると良いですよ!


スキンケアのついでにマッサージ

おでこにシワができやすい理由はいくつかありますが、おでこの筋肉を鍛えればシワが消える可能性は高いと思います。

おでこを鍛えるエクササイズについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてね。
おでこのたるみ・しわを消す方法!自宅で簡単エクササイズ

シワは基本的に、ピンと張っていた皮膚がたるんでしまった結果できてしまうもの。

シワというほどではないけれど、うっすらと影のようにラインが入っていたら要注意です。 それは形状記憶線!シワになる前段階といった感じでしょうか。

ですから、大事なポイントは、このたるんだ皮膚に「あなたはたるんでいませんよ~」と教えてあげることです。

どうやって教えてあげるか?

日々のスキンケアで簡単にできる方法があります。

・ 両眉のあたりにそれぞれ指をあて、髪の生え際まで指でググッと皮膚を押し上げていく

・ 眉間からこめかみに向かって、ググッと皮膚を伸ばしていく

thWCAP1QK3.jpg
画像引用:any-stress.jp

「たるみを元に戻す」イメージで行うと良いですよ♪

即効性はないかもしれませんが、繰り返しの癖でシワが刻み込まれることがあるのですから、同じようにシワを伸ばすマッサージを繰り返し行うことでシワが消えることもありえる!というわけ。

1日に何度か行うと効果的ですが、最低でも朝と夜のスキンケア時だけでも意識して行うようにしてみて下さい。

肌摩擦を避けるため、必ず乳液やクリームなど使用することをおすすめします。

間違ってもクレンジング中や洗顔時に行うのはタブーです。

毎日少しずつ繰り返すことでシワも伸び、血流の流れが良くなるなどの効果が期待できすよ~


ちなみに、私がマッサージするのに使用しているのは、ビーグレンのQuSome®リフト、マッサージ用の美容液になるのですが、トライアルセットで試して使用感が抜群だったので、すぐに本品購入しちゃいました♪

QuSome®リフトを塗って、ほんの1分程度マッサージするだけで顔がシュッと引き締まって、たるみが改善されていきます。 スキンケアに1ステップ増やすだけの簡単ケア、洗い流したりふき取る必要もないので気に入ってます♡

ビーグレンのトライアルセットの詳しい口コミ・レビューはコチラ
顔のたるみ・ほうれい線を改善するために作られたトライアルセット、口コミ・レビュー

商品の詳細はコチラ
▶ ビーグレン トライアルセット、たるみケアほうれい線ケア



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪



関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する