×首のしわ・たるみを改善できる3つの習慣

1d84f5ab1cb199a3aaef08759e65a1ad_s.jpg

首元のケアされていますか?

怠りがちな首元のケアですが、
首元は年齢がでやすい部分でもあります。

クッキリと目立つ首のシワ
たるんで二重あごができていませんか?

年齢を重ねると、肌のハリが低下
顔のたるみだけでなく、首にもたるみが生じるんです!?

その上、日常生活では、
パソコン・スマホ・家事育児で
下ばかり向いていたり、
高すぎる枕で寝ていたり…

そういった生活習慣は、
より首のたるみを悪化させるだけでなく、
クッキリした首のしわを刻みこむ原因となります。

でも、少し手をかけてあげるだけで、
ほんの少し習慣を見直すだけで、
このたるみは改善することができます。

今回は、首のしわやたるみを改善する
3つの習慣をご紹介します。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



首のしわ・たるみを改善できる3つの習慣

ずぼらな私が続けられる習慣なので、
とても簡単で効果的なことですよ♪

3つの習慣を身につけて、たるみを撃退!

首のしわをなくして、
ほっそりとした首ずじを手に入れましょう!


1. 首も顔の一部と思って保湿ケア

顔に塗った化粧水やクリームの残りを
首すじ・デコルテまで塗るようにしましょう。

肌に摩擦や刺激は大敵!
くすみシミたるみの原因となりますので、
量が足りない時は改めて化粧水やクリームを増やしてくださいね。

もちろん顔と同じ化粧品を使う必要はありませんので、
もっとコスパの良いものでもOK!

私は、ソンバーユを愛用中です♡

すでに、できてしまったしわやたるみを改善する手助けになります!


2. リンパを促進して老廃物を流す

首すじには、リンパ管が数多く存在しますので、

保湿ケアする際、
リンパを意識してやさしくマッサージするように行うと効果的♪

首は、ずっと下向きで同じ態勢をとることで、
血流もリンパも滞り老廃物がたまりやすい場所なのです。

首にそっと手をあてて、鎖骨の方へ引いてみてください。

皮膚の下に
セルライトのようにボコボコしているものが ありませんか?

余程太っていなければ、
それはセルライトではなく老廃物です。

対処法
化粧水やクリームを手にとり、手の親指と残りの指で首を挟むように、軽く手をあてます。

あごを少し上げて、首すじを伸ばしたまま

耳の下から鎖骨に向けて、
やさしくなで下ろすように老廃物を流してしまいましょう!

左右5~10回ずつ繰り返したら、

最後に、鎖骨にそって、
中心から肩の方向に、同じようにやさしく流していきましょう。

鎖骨・脇にはリンパ節がありますので、
老廃物はゴミ箱(リンパ節)へ 入れてしまいましょう(笑)


毎日続けていくと
首すじの血行・リンンパの流れが促進されます。

顔の血行も良くなりますので、
顔のむくみもとれます♪

なにより顔色が明るくなりますよ!


3. 首元のエクササイズ

首のたるみ・二重あごに効くエクササイズ
1つご紹介しますね♪

1. 思い切りあごを天井に向けて、首すじを伸ばす

2. 口をへの字に曲げて、口角を思いっきり下げる

そのまま30秒以上キープ

手順は簡単、2ステップのみ

この態勢で口角を思い切り下げると、首すじがギュッと浮き出します。

口角を下げるイメージがつかめない方に、
歌舞伎役者の決めポーズ「にらみ」で、
口角を思い切り下げてる、アレです。

動きのポイントは、あごと口角!
あごは天井、口角は床に向けて、
反作用で引き合うように動かすことが大事。

いつも下ばかり向いてないで、たまには空を見上げて!

結構 効きますよ~♪


まとめ

首すじのたるみを改善・予防する3つの習慣、いかがでしょうか?
1. 首も顔の一部と思って保湿ケア
2. リンパドレナージュ
3. 首元のエクササイズ

どれもとても簡単に取り入れることができます。

日常生活の中でちょっと心がけてみる
それだけでも身体は応えてくれますよ。

同じ悩みをもつ方に、
ぜひお試しいただければ嬉しいです♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する