×油断大敵!冬には冬の毛穴ケア

冬の毛穴ケア、どうされていますか?

毛穴ケアと言えば、毛穴が開きやすいと感じる夏の季節ばかりに集中していませんか?

確かに冬になると、春や夏に比べ汗や皮脂の分泌量が減るため、黒ずみ毛穴や毛穴開き、ベタつきやテカリといった悩みは少なくなります。

でも、気温や湿度が低下するこの季節は、冷たい北風や乾燥などの影響で、血行不良を引き起こし、さらに肌の新陳代謝やバリア機能まで低下してしまうんです。

IMG_0096.jpg
©We Heart It

それにより肌は夏とは異なる毛穴トラブルを抱えやすい状態になっています。

肌がザラザラ・カサカサしやすい方、たるみ毛穴が目立ってきた方は要注意!

今回は、冬の毛穴ケアについてご紹介していきます。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪





冬の肌の特徴

肌の水分量や皮脂分泌量は、1年の気候の変化に伴い、大きく変動します。冬の肌トラブルは、気温と湿度の低下によって引き起こされます。

気温も湿度も低下する11月~1月は、皮脂の分泌量が最低になり、水分の蒸散量は急速に増加してしまうそうです。特に暖房をしている室内はさらに乾燥しやすくなります。こんな環境では、肌はまるでドライフルーツ状態!?

年間の肌状態グラフ
※グラフはarougeさんからお借りしました

秋冬は、肌の新陳代謝が低下することから、ハリのない、キメの乱れた、透明感のない肌状態に陥りがちに!?

では、なぜ冬の肌は新陳代謝が落ちるのでしょうか?

その最大の原因が、末梢血流の低下です。気温の低下に伴い、身体は体温を維持するために、皮膚表面や手足の末端部分の血液の流れる量を制限するんです。人間の身体って、季節や環境に適応するためにいろいろ頑張ってくれているんですね~

でも…その結果、皮膚には十分な栄養が行き届かず、肌細胞の新陳代謝が落ちてしまう、というわけ。

肌細胞の新陳代謝が落ちると、ターンオーバーのリズムも乱れがちに。皮膚のバリア機能を生み出す角質層は危機的状態に陥ります。

さらに、冬は血行不良が原因で皮脂の生成、分泌量も少なくなり、ますます肌のバリア機能が低下してしまうんです。

バリア機能が低下することで、肌が十分な潤いを保つことができず乾燥しやすく、ハリや弾力を支える機能にまで悪影響を及ぼすこともあるのです。

ハリや弾力の低下した状態では毛穴たるみや毛穴開きが起こりやすく、バリア機能や新陳代謝の低下はニキビの原因となることもあります。

冬は紫外線量が一年の中でもっとも少ない季節ですが、肌が乾燥していると紫外線の影響を受けやすく、肌のコラーゲンやヒアルロン酸が壊され、肌老化が進んでしまいます。肌の新陳代謝が低下している状態ではメラニンの排出がうまく行われずメラニン毛穴を引き起こす可能性もあるんです。

冬は肌にとって、とっても過酷な季節と言えますね。


冬の毛穴ケア

肌を取り巻く環境で、最も注意を要するのが湿度の低下。つまり、「乾燥」です。
相対湿度の年間推移2007
※ちょっとデータが古いけど、公開されている理科年表を見つけました

グラフからわかるように、6、7月が1年のうちで最も湿度が高く、12月から2月にかけて低くなります。この時期は、保湿の完全装備が必要ですね~

普段はベタつく化粧品は嫌いだという人も、ある程度 油性の保湿成分を含むクリームが、必須アイテム!

この季節は十分に水分を浸透させてから、油分で薄くベールを作る保湿・保護が必要です。

クリームイメージ1

冬の毛穴ケアのポイントとしては、汚れはしっかり落としうるおいはたっぷり与えてげましょう。まず、クレンジングや洗顔料でのお手入れは丁寧に行い、毛穴の汚れや不要な古い角質を落とします。

クレンジングや洗顔を正しく行うことで新陳代謝が活性化され、目詰まり毛穴や黒ずみ毛穴を予防・改善することができます。

正しい洗顔方法について知りたい方はコチラの記事を参考にして下さい。
肌の悩みはコレを見直さなければ絶対変わらない!

次に、化粧水で水分をたっぷり与え、その後は乳液やクリームでしっかりフタをしましょう。

特に洗顔後や入浴後は毛穴が開きがちになり、水分が蒸発しやすい状態になりますので、洗顔後や入浴後のケアはできるだけ早く行うことが理想的です。私は3分以内を心掛けています。

スキンケア イメージ6
©We Heart It

基礎化粧品でのお手入れ後、乾燥を感じるようであれば保湿効果のある美容液でのケアをプラスします。

乾燥は毛穴たるみや毛穴開きの原因になることもあるため、必要に応じて新陳代謝や血液循環を高めるためのマッサージやパック、手軽なローションパックなどのスペシャルケアもおすすめです。

最後に、冬の間は新陳代謝が低下することで、メラニンによる色素沈着が起こりやすくなります。UVクリームでの保護や美白ケアを合わせて行うことで、メラニン毛穴を予防しましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する