×ポニーテールを結ぶと顔がたるまないって本当?

すっきり上品にみせてくれるアップヘアなどのまとめ髪や颯爽としたポニーテール、可愛いお団子ヘア。

1B24B3CL3F3F1B28B.jpg

フェイスラインもシャープに魅せてくれます。

以前ご紹介した記事で、「ここぞ!」という時のたるみ解消方法として、しっかり髪を結ぶことをおすすめしました。

その記事がコチラ
おでこのたるみを速攻でなくす方法!効きます

でも、そんなヘアスタイルも、場合によってはいろんな弊害が起きる可能性があるそうです。…というか、私自身にその弊害が起こりました!?

【質問】 ポニーテールを結ぶと顔がたるまない?

【回答】「NO!」です。

私自身ブログでおすすめしていることですし、「髪をきつく結ぶ」方法は、あくまで一時的なたるみ解消法としては効果的だと思います。

でも、だからといって、それを日常的に頻繁に行うことはおすすめできません。

今回は、その理由についてご紹介していきますね。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪




索引性脱毛症とは?

髪の毛をしばっている状態が長く続くと、引っ張られている髪の毛の頭皮に負担がかかり、それにより引き起こされる危険があるのは「索引性脱毛症」です。索引とは、簡単に言うと「引っ張ること」かな!?

髪の毛を強い力で長時間引っ張った状態にすることは、頭皮にとっても髪の毛にとっても非常に大きなダメージを与えてしまいます。索引性脱毛症の症状としては、まとめた髪の輪郭部分や分け目の部分が薄くなっていく「薄毛」や「切れ毛」などが挙げられます。

ポニーテール

例えば、ポニーテールやお団子ヘアというスタイルの場合、頭頂部で強く髪をまとめて縛るので、髪を解くまでの間、頭皮は引っ張られる力と髪の重みに耐える必要があります。

同様のヘアスタイルを行なっている女性全てに当てはまるわけではありませんが、まず引っ張られていた髪の生え際や分け目の部分の毛が細くなってしまい、切れやすくなってしまいます。すると、その箇所から頭皮が透けて見えるような状態となり、薄毛を招いてしまうのです。

原因としては明確で、長時間同じ箇所に「引っ張る力」が働いていたために、毛根に負担がかかってしまい、毛が抜けやすくなったり、切れやすくなったりするのです。

はい、私もハゲました。(泣)

でも実は、10代の頃からおでこが狭いのが悩みだったので、顔の輪郭部分が禿げた結果おでこが広くなって…最初の数年は喜んでいたんです♪(笑) しかし、そのまま縛り続けた結果、指2本分しかなかったおでこが、余裕で指3本分くらいの広さになってしまいました。そろそろヤバくない?(恐)

さらに、衝撃的なのが髪の分け目!?前髪の有無にかかわらず髪の分け目は大体 右7:左3くらい、なんとそこが剃り込み状態になってしまったんです!?額が左右非対称なので結構目立ちます(号泣)


おでこのたるみ

ポニーテールを結ぶと、皮膚が伸ばされて結んでいる時はたるみが改善されたように見えますが、頻繁にきつく結んでいると、皮膚が伸ばされたまま戻らなくなり、たるみが進行します。

さらに、頭皮の血行が悪くなって硬くなったりしてくると、おでこや頬までたるみやすくなります。

「たるみ」というと顔のことに注目してしまいますが、顔と頭皮の皮膚は1枚の皮で繋がっているということを忘れてはいけません。

bglen 美容イメージ7

私の場合、先月髪を切って髪を結べなくなって発覚しました。はい、私の額もたるんでいます。それもシワシワっとなるくらい!?髪を結ぶように髪を引っ張り上げるとわからなくなりますが、髪を押さえた手を離した途端…だらしなく額がたるんでしまうんです。毎日毎日髪を結んでいただけなのに、まさかこんな目に合うとは!?(悲哀)


ちなみに、どのくらいポニーテールをしていたら、私がこんな目にあったかというと…私の場合、子供が生まれてから約7年間ほぼ毎日結んでいました。

頻度と期間
ほぼ毎日というのは、365日のうち350日くらいかな!?それを約7年間継続(笑)

結び方
髪が落ちてこないようにキッチリ引っ張り上げるようにポニーテール
※産後に肌荒れが悪化して、髪の毛が1本でも顔に触れるとムズムズとしたかゆみを感じていたので、しっかりと結んた後、ハードスプレーで軽く固めておきました。


どうしたらよい?

問題は、髪を結ぶ時の引っ張り度合い(強さ)であって、髪を結んでアレンジすることが悪いわけではありません。事実、私のように毎日結んでいるような方でも、ゆるくまとめている方なら問題ないはずです。

女性としておシャレに髪をまとめたい時もありますよね?

そんな時は、まず顔の皮膚が引っ張られないくらいの力で結べばいいだけの話だと思います。特に目元、目尻が上がるような結び方では強過ぎるってこと。

要するに、ふんわりとしたまとめ髪なら問題なしってことです!

もちろん「ここぞ!」という時はギュウギュウに引っ張って、おでこから目元からグイッとたるみ解消しちゃって下さいね(笑)

あとは、ポニーテールなど、髪を縛る高さや髪の分け目をまめに変えて変化をつけるといいそうです。

頻繁に同じ箇所に強く引っ張る力をかけることが問題なので、その点をクリアしていけば、今まで通りヘアアレンジを楽しむことができますよ♪

私のように「面倒だから」とか「邪魔だから」という理由で髪を結んでいる方は、ギュギュッと縛り上げてしまいがちなので要注意です。くれぐれも私と同じ過ちを繰り返すことのないように…たるんだり、禿げたりしてからでは遅いんです。

「後悔先に立たず」お気をつけください。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪

関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する