×保湿の要「セラミド」の役割

冬の気温と湿度の低下、寒風や暖房の影響で、肌の新陳代謝も低下、肌のバリア機能は衰えていく一方です。

その影響で免疫力まで低下してしまい、炎症が引き起こされてしまうと…シミやシワ、くすみや乾燥などの冬肌トラブルが続出します。

そんな時期は、徹底的な保湿ケアで肌を乾燥から守ることが大切です。

Tanpopo Huynh 3
©Tanpopo Huynh

セラミドが角質層の水分保持機能のカギを握っていることは、ご存知の方も多いと思います。

セラミド不足は、乾燥の原因!

まだまだ続く冬の乾燥を乗り越えるためにも、しっかり保湿していきたいものです。

では、このセラミド、どのように生成されているのでしょうか?

肌の水分保持力の要であるセラミドについて正しく理解して、あらゆる肌トラブルの原因となる乾燥を防ぎましょう!


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪





セラミドは角質層にいる

セラミドは、表皮の1番外側の層、わずか0.02mmほどの角質層に存在している細胞間脂質を構成している成分のひとつです。

角質層について詳しく知りたい人は、コチラの記事を参考にして下さい。
厚さわずか0.02mm、角質層がにぎる美肌へのカギ

肌には自らうるおいを保つチカラがあり、代表的な保湿成分として細胞間脂質・天然保湿因子・皮脂があげられます。その中でも1番水分を保持するチカラが高いのが細胞間脂質なのです。肌本来の保水力を100%とすると、細胞間脂質は全体の70%の保水力を担っています。

細胞間脂質は、角質細胞間脂質は水を抱える親水基と脂質としての性質を持つ親油基があります。水分層と脂質の層が交互に重なる形のため、脂質二重層状構造(ラメラ構造)になっています。

角質層 スキンケア大学
図引用 スキンケア大学

さらに、このラメラ構造で、水分を吸着したNMF(天然保湿因子)をサンドイッチのようにはさみ込み、水分を逃さない働きをしています。

水分層と脂質層が交互にあることで、まさに水も漏らさぬしなやかな防御壁になっているわけです。

この強力な水分保持力をもつ細胞間脂質の成分のうち約50%がセラミドになります。セラミドが保湿の要と言われているのもうなずけますね。


セラミドが不足すると?

セラミドが不足すると、上記の水分をはさみ込む働きをしている細胞間脂質が十分に水分を保持できなくなり、肌が乾燥してしまいます。

また、角質層は異物や紫外線からお肌を守るバリアの役割を果たしています。セラミドが不足すると、このバリア機能が低下するため、あらゆる肌トラブルが発生する原因となります。

アトピー性皮膚炎の人は、セラミド代謝が正常に機能せず、正常の3分の1程度のセラミド量しかないとのこと。このことが原因で角質層のバリア機能が低下することが、アトピー性皮膚炎発症の重要な因子となっていることが解っているそうです。

なるほど、セラミドは肌の水分保持だけではなく、肌の健康を保つ上で大きな役割を果たしているんですね。

バリア機能についてご紹介している記事はコチラ
毛穴とバリア機能の密接な関係とは?


セラミドはどうやって生成される?

セラミドは、肌のターンオーバーによって生成されます。

ターンオーバーとは、表皮がおよそ28日周期で生まれ変わることを指します。このターンオーバーにより、常に新しい表皮細胞が生みだされています。

肌にある1番上の表皮は、外側から角質層、顆粒層、有刺層、基底層の4層に分かれています。

肌の構造 hadalove jp
図引用 hadalove.jp

肌の1番下の基底層で生まれたケラチノサイト(表皮細胞)は、ターンオーバーによって肌の表面まで押し上げられていきます。そして、角質層に到達する頃には、表皮細胞は「核」を捨てて、角質(死んだ細胞)となるのです。

これらの過程で同時に生成されているのが、セラミドやNMF!

細胞間脂質とは、ケラチノサイトの角化の過程で作られる脂質で、その成分はスフィンゴ脂質の仲間「セラミド類」が半分を占めています。他にも遊離脂肪酸、コレステロール、コレステロールエステルなど複数の脂質で組成されています。


正常なターンオーバーが大事!

さて、上述した通りセラミドは、ターンオーバーの過程で生成されています。そのため、セラミドが十分に生み出されるためには、ターンオーバーが正常であることが何より重要なことなのです。

Маникюр ру (10)
©MaHикюp py

年齢を重ねてターンオーバーが遅くなったり、寝不足などでターンオーバーが乱れると、生成されるセラミドの量が減り、乾燥肌や敏感肌などの原因となります。

加齢により引き起こされる乾燥や敏感肌の原因とは?
使ってた化粧品が急に合わなくなった!を引き起こす年齢敏感肌

肌のターンオーバーは早すぎても、遅すぎてもダメ!ということです。
肌のターンオーバーが早くでも肌荒れの原因に!?

乾燥肌を改善するためには、普段からターンオーバーを正常に保つように心がけましょう!まず気をつけたいのが洗顔です。

それでも乾燥が気になる場合は、スキンケア化粧品などで外部からしっかり補うと良いですよ!

肌のターンオーバーを整えるカギは、正しい洗顔方法にあり!
肌の悩みはコレを見直さなければ絶対変わらない!

セラミド配合のおすすめスキンケア化粧品
たるみ毛穴や顔のたるみに即効性を求めるなら、断然アンプルールがおすすめ!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪

関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する