×進化したヒト型セラミド、種類と保湿効果

スキンケア イメージ1

化粧水や美容液などに配合されているセラミドにも種類があるの知っていました?

その種類によって保湿効果や特性が微妙に違うそうなんです。

中には安価で効果の劣る疑似セラミドや糖セラミドが「セラミド配合!」と謳われている場合があります。

思ったほどの保湿効果を感じられなくてガッカリしたくない方は必見!

今回は、最も保湿効果の高いヒト型セラミドについてご紹介していきますね。



続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪





セラミドの種類

保湿の要とも言える「セラミド」。

私たちの肌の角質層の細胞間脂質の主成分であるセラミドにはたくさんの種類があります。基本的に全てのセラミドが角質層の水分保持に関わっていますが、微妙に特性が異なるそうです。

セラミドの皮膚内での働きについて詳しく知りたい方は、コチラの記事を参考にして下さい。
保湿の要「セラミド」の役割

この皮膚内のセラミドは、加齢などの様々な要因で不足しがちに!?それを手っ取り早く補うことができるのがスキンケア化粧品です。

化粧水イメージ1

化粧水や美容液などの化粧品に配合されているセラミドは、「天然セラミド」「合成セラミド」「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」の4種類に分けることができます。

結論から言うと、これらのセラミドの中で、私がイチオシするのは、ヒト型セラミドです。理由は次章でご説明しますね。

ちなみに、残りのセラミドについて簡単に説明しておくと…

天然セラミド
馬などの動物の脳や脊髄などから抽出したセラミドです。動物由来のため、人間の角質層の細胞間脂質と近く、保湿力が優れているのが特徴。
天然セラミド、ヒアルロン酸を超える保湿力

植物性セラミド
米ぬか油、小麦胚芽油などから抽出した植物由来のセラミドです。

合成セラミド
「疑似セラミド」とも呼ばれ、石油原料から化学合成されたものです。安価で大量生産ができるため多くの化粧品に使われていますが、天然セラミドやヒト型セラミドと比べて、効果としては薄いと言われています。

ヒト型セラミドの次にオススメなのは、天然セラミドです。天然セラミドについては、また改めてご紹介しますね♪


ヒト型セラミドとは?

私のイチオシ!「ヒト型セラミド」は「バイオセラミド」とも呼ばれています。

酵母を利用して生成されたもので、保湿力や浸透力に優れていることや、刺激が少ないことが特徴です。

このセラミドが「ヒト型」と呼ばれる理由は、人間の体内の角質細胞間脂質にもともと存在しているセラミドと、ほぼ同等の化学構造を持っているからなのだそうです。だから、肌にも優しいってことですね。

特に、敏感肌に偏りやすい年齢肌にとって「高保湿・低刺激で肌にも優しい」というのは大事なポイントになります♪

さらに、他のセラミドと比べ、肌への親和性が最も高いことから、壊れたラメラ構造を修復し、保湿力を高め、バリア機能をも向上させることが期待できるそうです!

ラメラ構造についてコチラの記事でも触れています。
セラミドは角質層にいる

スキンケアイメージ20160115

「ヒト型セラミド」を肌に塗布することで、不足しているセラミドを補い、角質層の水分保持力を高めることができるので、アトピー患者や敏感肌、重度の乾燥肌を解消するのに大きな力を発揮すると考えられています。

また、年齢を重ねてセラミドの生成が減少してしまい肌が乾燥する方にも、セラミドは超オススメですよ~♪


化粧品の表示は「セラミド1」「セラミド2」など、セラミドの後に数字がついたカタチで表示されています。

この数字は、皮膚の持つセラミドの役割とリンクしているんです。

人間の皮膚にあるセラミドの種類・特性

セラミド1
水分保持機能と共に、外部からの刺激や異物からお肌を守る力が強い

セラミド2
水分を保持する力が強く、水分のバランスを保つ

セラミド3
水分保持機能と共に、シワを浅くする

セラミド4
角質層のバリア機能を構築・維持する

セラミド5
水分保持機能と共に、ターンオーバーを促進したり、シワを浅くする


※参考 スキンケア大学

なので、これらの特性を踏まえたうえで、自分に足りないものを効果的に化粧品で補いたいものですね。

ちなみに、人間の皮膚の角質層に存在するセラミドの中では、特にセラミド1・2・3が重要だと言われています。

また、この中で加齢とともに減少しやすいのは、セラミド3と5だとか!?シワを浅くする特性があるやつ…あ~、なるほど。

乾燥小ジワに悩める方にオススメの記事
目元の小じわ・ちりめんじわをなくす方法


ヒト型セラミドかどうか?

化粧品イメージ1

どんどんスキンケアにヒト型セラミドが配合された化粧品を取り入れていきたいところですが、ヒト型セラミドは水に全く溶けない性質があり、油や多価アルコールなどのあらゆる成分への溶解性がとても低いため、化粧品への配合が難しい成分でもあるそうです。

また、セラミドそのものは比較的高価なので、極端に価格の安い商品はセラミドが微量しか配合されていない可能性もあります。

さらに、セラミドの配合量を判断する材料として、テクスチャーが挙げられます。

水に全く溶けないセラミドを化粧品に配合する場合、クリーム状のものか、ドロッとしたテクスチャーのものが多いです。

水のようにサラッとしたテクスチャーの場合は、セラミドの配合量が極めて少ないか、界面活性剤が多く使われている可能性があるそうですよ。

手に取った化粧品に配合されているのは、どのタイプのセラミドか?これは大事なポイントです。

その他の疑似セラミドや植物性セラミドは保湿力が劣るので、避けた方が良いと思います。

セラミド配合!と謳われていても、ヒト型セラミドかどうか成分表示で事前に確認してから購入することをおすすめします!


管理人おすすめのセラミド配合スキンケア化粧品
アンプルール リフティングクリームV 1

ラグジュアリー・デ・エイジ リフティングクリームVにはセラミド1・3・6が贅沢配合されていますよ!
たるみ毛穴や顔のたるみに即効性を求めるなら、断然アンプルールがおすすめ!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪



関連記事

コメント

はじめまして。

ブログランキングからきました。
人型セラミド、初めて聞きました!
今まで使っていたセラミドは何セラミドだったんだろう。。。
浸透しない感がありました。
これからのスキンケアの参考にします。
応援しました^^

by: リビン * 2016.01.20 06:41 * URL [編集]

Re: はじめまして。

リビンさん、応援ありがとうございます。
コメント嬉しいです♪
私もつい最近までセラミドに種類があることさえ知りませんでした(笑)
今まで使っていた化粧品に疑問がわいて…美容成分に興味を持つようになったんです。
より効果のあるモノを使いたいし♡
ヒト型セラミド、おすすめですよ~

by: hana. * 2016.01.20 11:46 * URL [編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する