×美肌を強力サポート!繊維芽細胞を活性化させるFGF

肌のハリ・ツヤがなくなった
肌のたるみが気になる
シワが増えてきた

IMG_9674.jpg

歳を重ねるにつれ、こんな悩みが増えた方はいませんか?

その原因は、真皮層の衰えが関係しています。

真皮では、肌にしなやかな弾力を与えるコラーゲンやエラスチン、みずみずしい潤いを保つヒアルロン酸など、美肌に関わる成分が多くつくられています。

こうした美肌成分の生成に深~く関わっているのが「線維芽細胞」です。

年齢に負けない若々しい肌をキープしたいのであれば、繊維芽細胞とFGF(線維芽細胞増殖因子)について知っておきたいものです。

今回は、繊維芽細胞を活性化させるFGFについてご紹介していきますね♪



続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪




線維芽細胞でつくられる3つの美肌成分

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は多くの化粧品に含まれるほど美容成分として広く知られていますが、これらの成分はもともと人のお肌の「真皮」で作り出されているものです。

cell_01.png

コラーゲン
細胞と細胞を結びつけ、身体の組織をつくる重要なタンパク質。真皮を構成する組織の70%を占め、肌に弾力を与え、ハリとツヤを保ちます。

エラスチン
弾性線維とも言い、コラーゲン同士の線維を結びつけるタンパク質。肌にハリや弾力を与え、シワやたるみを予防・改善します。

ヒアルロン酸
保水力にすぐれた成分。真皮をつくっているコラーゲン線維とエラスチン線維が結びついた網目状の隙間をヒアルロン酸が満たすことで、肌にハリや弾力、柔軟性を与えます。

いづれも美肌には欠かせない成分ですよね~

これらの美肌成分を作り出しているのが繊維芽細胞

同時に古くなったコラーゲンやエスラチンの分解処理も担っています。

しかし、線維芽細胞が衰えてしまうと、美肌を保つ成分の分泌量が減ってしまい、シワやたるみに悩まされることに…

線維芽細胞が衰えてしまう原因は様々ですが、一番の原因は肌の酸化が深く関係していると言われています。

肌の酸化とは、紫外線やストレス、加齢などにより、活性酸素が肌の内部に蓄積されてしまう現象です。その活性酸素が線維芽細胞を弱らせて、コラーゲンやエラスチンを生産する力を奪ってしまうのです。

若々しいハリのあるお肌を保つ秘訣は、この線維芽細胞にあり!

線維芽細胞を健やかに保つためには、まずは真皮まで届くと言われる紫外線A波から肌を守ること!10年先、20年先の肌のために、真冬でもUVカット効果のある下地や化粧品を選びましょう。


美肌をサポートするFGF

では、その線維芽細胞、どうしたら活性化できるの?

ぜひスキンケアにFGF(線維芽細胞増殖因子)が配合されている化粧品をお試しください!

FGFには、真皮にある線維芽細胞を活性化し増やしていき、正常に機能するようにコントロールする作用があります。

肌の表面には、FGFを受け取る器官(受容体)があり、FGFと結びつくと、線維芽細胞に活発に働くように命令を出します。それによって、コラーゲンやエスラチンといった肌の弾力を保つタンパク質が増えると、肌はおのずと柔軟性と保水力を回復してハリとツヤを取り戻すことができますよ♪

化粧品などでコラーゲンやヒアルロン酸を直接肌に塗って補う方法と異なり、肌の細胞そのものに働きかけるって感じですね。

harofan943 9
©harofan943

FGF(線維芽細胞増殖因子)には23もの種類があり、それぞれ働きが異なります。

その中で、FGF-1はaFGF(酸性線維芽細胞成長因子)と言われ、お肌の弾力を保つ働きをしているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす成長因子です。

化粧品の成分表示は、「ヒトオリゴペプチド-13

FGF-1が含まれるスキンケア化粧品は皮膚から角質層へ浸透してうるおいを与え、ハリやツヤのある柔らかな肌を保ちます。

具体的な例として、次のような肌トラブルに効果を発揮しますよ♪
・ 肌のたるみ
・ 額などの深いシワ
・ ほうれい線
・ 目もとや頬のくぼみ
・ ニキビ跡の凹み


繊維芽細胞とエイジングケア

肌のエイジングケアとなる「肌再生」に、FGF(線維芽細胞増殖因子)EGF(上皮成長因子)のどちらも必要不可欠。

EGFについて詳しく知りたい方は、コチラの記事も参考にして下さい。
アンチエイジング希望の星!ノーベル賞を受賞したEGFの効果

なんと同時に肌細胞を活性化させることで、美肌への相乗効果があるそうです!

表皮細胞を活性化するEGFと真皮の繊維芽細胞を活性化させるFGF、この2つでエイジングケアをすれば肌全体を同時にケアすることができますからね~ハリとツヤ、弾力のある若々しい肌を作り上げることも夢じゃない!?

シワやたるみなどの悩みがある方、ぜひ積極的にスキンケアに取り入れてみては?


私のオススメは、やはり信頼度の高い皮膚科ドクターなどの専門家が開発しているドクターズコスメです。

経皮デリバリーの権威ブライアン・ケラー博士が率いるビーグレン、独自の浸透テクノロジーで肌の奥深くまで届ける!EGF・FGF・IGF配合
ビーグレンで肌悩みから解放?1ヶ月使い続けた口コミ・レビュー
10-YBローション3


Dr. 高瀬聡子が率いるアンプルール、医療と美容の融合によるメディカルスキンケア!EGF・FGF・IGF・HGH配合
たるみ毛穴や顔のたるみに即効性を求めるなら、断然アンプルールがおすすめ!
アンプルール 美容液1


どちらも試してみましたが、トライアル期間だけでも肌に違いを感じることができました。正直、どちらも甲乙つけがたいです。

多少アンプルールよりビーグレンの方が安いかな!?あとは、テクスチャーの好み次第かと…私個人としては、ビーグレンが比較的サラッとしていて好み。アンプルールはリッチな印象です。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪

関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する