×初心者でも超簡単!ヨガ「木のポーズ」で身体の中からリフレッシュ

今週のキレイの習慣は、初心者でも簡単ヨガ「木のポーズ」です!

なぜ急にヨガかと言うと…実は、先週から月2回というゆるさでママ友達でヨガやピラティスなどのサークル活動を始めました。講師の方は親子ビクスでお世話になっている先生です。

基本、ヨガやピラティス、骨盤体操などがメインで、夏休みなど子供たちがお休みの時は子供も参加できる親子ビクスやダンスをしてくれることになりました。これから毎回が楽しみです♪

第1回目の先週はピラティスで身体を温めてから、ヨガで終わるという流れでした。子供のいない静かな空間で、部屋の明かりを消して薄暗い中、先生の声に集中して行ったヨガはとても新鮮で、気持ちがリフレッシュした上に、身体はスッキリ♪

IMG_0948.jpg
©We Heart It

まず私のような初心者の方は、ポーズをとることに夢中というか必死になります!?基本の太陽礼拝でさえ呼吸をすることさえ忘れてしまいがちでした。(笑)

でも、できないなりに感じたことは、いつも縮こまって過ごしてたんだなぁ~ということ。そして、なんて心地良いんだろう、と。

その中で日々の生活の中に取り入れてみようと思ったものが2つあります。

一番最初と最後に行った伸び、と「木のポーズ」です。超簡単テクいらずの基本中の基本です。

1. 肩の力を抜いて背筋を伸ばしてまっすぐ立ち、両手を胸の前で合わせて合掌します。
taiyo1yama.gif

2. 息を吸いながら両手を天井に向かって上げ、手のひらを合わせます。両足は地面を押すように、体は上へ向かって伸ばすようなイメージで。視線は天井を向けます。
taiyo2.gif

3. 息をゆっくり吐きながら、腕を大きくまわしながら下ろします。さらに、腕を下ろしたまま肩だけもう1回まわす。

この最後に肩だけ回してストンと肩を下ろした時、「これが肩や肩甲骨の正しい位置なんだ!?」と驚きました。ほんの数回繰り返しただけで、意識しなくても、自然と胸を張り、肩甲骨がキュッと寄った状態で肩を下ろすことができました♪

それに、腕をまっすぐあげた時に、首をグーッと反らせるのですが、これがまた気持ちいい。

日中どこでも、家事の手を休めた時にでもやってみようと思います。

次にご紹介するのが、「木のポーズ」

IMG_0949.jpg
©We Heart It

1. 山のポーズ(タダアサナ)から左足に体重を乗せます。右膝を外側に向けて足首を左腿付け根の方まで引き寄せます。右足のつま先は床の方に、右ひざは真横に開くように。右足を左腿に、左腿は右足に、互いに押し合わせるようにしておきます。

2. 背筋を伸ばし、胸の前で合掌して呼吸を調えます。

tree1.gif

3. 視線はやわらかく正面に向けていきます。必要に応じて、しっかり(かつやさしく)左足の外側と内側で床を押すように。。

4. 息を吸って、合わせた両手を頭の上に伸ばしていきます。合掌だとバランスがとりにくい場合は両手をバンザイの形で水平にあげると、安定度が増すので試してみて。

tree2.gif

5. 息を吐きながら、左の足裏でしっかり床を押します。大地に根を張るようなイメージで。首は背骨の延長線上にまっすぐ置き、視線は正面、またはやや上方を見るように。

6. 下半身を安定させ、上下に伸びるイメージで5呼吸ほど静止します。反対側も同様に行います。

引用:Smile Power YOGA

ポーズをとった最初は身体がグラグラしてバランスをとるのが大変でしたが、そのうち身体の中心というか体幹を意識できるようになって、上下に引っ張られているようなイメージをつかめると、身体の揺れがピタッと止まりました♪

自分自身が1本の木になったイメージで、下ろした足は台地に根をはるように、頭の上に伸ばした腕は空に伸びる枝の気分?

自分のポーズはイマイチでも、気持ちだけでもなりきって行うと、精神的にもリラックスできますよ。というか、私はリラックスできました(笑)

精神集中というか、ボーっと無になるというか、私的には「なんだか禅みたいだ」と思いました。

なんとなく毎日「まずコレをしてから、アレをして。アレが終わったら、コレをして。あ~でも、アレもやらなかゃ!?あ~、アレもやるの忘れてた!」なんて…リラックスして子供と遊んだり、テレビを見たりしている時間でも、意外と頭の中ではアレコレ忙しく考えていませんか?

ほんの数分、手を休めて、気を休めて、何も考えずに「木のポーズ」をする。なんだか、とても気に入りました♪

ちなみに「木のポーズ」には、下記の効果があります。

・ 肩こりの改善
・ 冷え性改善/血行促進
・ 太ももの引き締め
・ 足の引き締め
・ 内臓機能の調整/促進
・ 集中力アップ


「木のポーズ」は初心者でも挑戦しやすい簡単なポーズではありますが、ブラッシュアップして極めていくのが楽しみなポーズでもあるそうです。

IMG_0950.jpg
©We Heart It

友人がヨガ スタジオにかれこれ10年ほど通っています。

そんな友人が言うには、ヨガのポーズには初心者には初心者なりの、上級者には上級者なりのポーズや効果があるそうです。初心者だから、体が硬いから、と言わずに気軽にやってみ?って。

そうは言っても、やはり身体が硬すぎるわ、バランスがとれないわで大変。友人のような達人の域にはまだまだほど遠い。

でも、そんな友人でさえ、10年たった今でもポーズをするたびに「あ、こうするんだ♪」という気づきがあるそうですよ…本当に奥が深いのですね~

身体の隅々まで意識して、吸い込んだ息が身体の中をめぐるイメージで、ポーズを決める。ただそれだけなのに、終わった後は細胞が生まれ変わったようなスッキリ感だとか?

私も早くそんなレベルに達してみたい(笑) まぁ、月2回ではなかなか上達しそうもありませんが、家でも一人時間にコッソリ試してみたいと思います。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する