×くすみの原因は汚れ?角質肥厚くすみを改善する方法

fc43e2da499d29adba6a9a10319dd1ff-480x343.jpg

春を思わせる風が吹くようになると、なんだか気分が上がって、キレイな色を身にまといたくなりませんか? 

でも、そんなキレイ色は、透明感があってハリのある肌だからこそ似合う色。

肌がどんよりとくすんで、肌の色がワントーン暗くては、残念ながら似合いません。(泣)

生活習慣の乱れなどから肌のターンオーバーが正常に行なわれていないと、どんどん古い角質がお肌の上に溜まっていってしまい、くすみの原因に…。

顔がくすんでいると、何となく実際よりも老けて見えてしまいがちですが、逆に透明感のある明るい肌なら、実際よりも若く見えるものです。

これは明るいことによって影を作らないので、シワやたるみが目立たないという、ちゃんとした理由があります。

表情まで明るく見えて、くすみ顔より断然キレイに見えてしまうという効果もあります。(笑)

さらに、くすみ対策は、シミの予防・改善にもなりますので、一石二鳥です!

春がやってくる前に、ぜひくすみは解消してしまいませんか?

今回は、汚れや角質肥厚によるくすみの原因と解消方法について紹介していきますね。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪




汚れや角質肥厚によるくすみ

くすみイメージ1

毛穴に詰まった汚れや古い角質が何層にも重なってしまうことで、角質層での光の反射が乱れ、くすんで見えるようになります。

肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れることで、古く乾燥した角質が肌の表面にいつまでも居座り続けると…最悪の場合、角質肥厚を招きます。

そうなってしまうと、見た目も透明感がなくガサガサ、肌も硬くゴワゴワした感じになり、当然肌のハリ・ツヤも失うことに。

このタイプは、古い角質が何層にもたまって厚くなっていることが原因と考えられます。

透明なサランラップも、ロールの状態だと透明感が失われますよね?それと同じようなイメージです。

さらに、古い角質はメラニンを含んでいるため、肌はどんよりくすんで見えてしまいます。

洗顔をした後、一時的に肌が明るくなるようなら、このタイプである可能性が高いです。


角質肥厚 くすみ 原因

くすみの原因は大きく分けて、皮膚表面の汚れによるものと、角質トラブルである角質肥厚という状態の2つに集約されます。

角質肥厚には、紫外線、喫煙、血行不良、加齢といった要因があげられますが、意外と多いのは、洗い過ぎや乾燥によって誘発される肌の防御反応で、角質が厚く硬くなる場合です。

洗顔時やスキンケア時に、ゴシゴシ擦ってしまいがちな方は要注意!

きれいに汚れを落とさなければくすみの原因になりますし、過度に肌を刺激したり必要な皮脂まで取りすぎてしまうと、角質のトラブルで、やはりくすみにつながります。


角質肥厚 くすみ 改善方法

洗顔イメージ13

角質肥厚によるくすみの改善方法は、いたってシンプル!

まずは、洗顔方法を見直すことです。そして、自分に合った洗顔料を見つけることです。

正しい洗顔の方法を知ることで、くすみだけでなく、ニキビが治ったり、毛穴が目立たなくすることができますよ~

1日では十分な効果を得ることは難しいですが、まずは1週間続けてみてください。

確実に本来あるはずの透明感がよみがえってきます。


肌を本来の明るさに取り戻してくれる洗顔方法 抜粋

ぬるま湯(32~34℃くらい)で洗顔する

洗顔にはベストな温度があります。それは、ぬるま湯(32~34℃くらい)。

また、いきなり洗い出さない!まずは、しっかり余洗いをしましょう。

すすぎ2

顔の表面から皮脂が溶け出す温度は30℃くらいと言われています。

なので、それよりも少し温かい32℃で余洗いすることで、自然と顔から皮脂が出てきて、汚れが浮きでたところを洗うことができるのです。もちろんすすぎもぬるま湯で。

几帳面に32℃って測ったことはありませんが、体温より低いということで、手では温かさを感じない程度かな!?

まだまだ寒い日もありますので、つい温かいお湯で洗顔したくなりますが、35℃以上のお湯で洗ってしまうと乾燥やシミ、くすみの原因にも!?

特に、入浴時に浴室で洗顔する方は要注意!

関連記事
肌が乾燥するならクレンジングのタイミングを変えるべし!

この時期、全身にかかるシャワーの温度を32℃まで下げることは厳しいですよね~

なので私は、冬場は入浴後に洗面台で洗顔するようにしています。


洗顔料はしっかり泡立てる

泡洗顔なら、優しくマッサージするように馴染ませるだけで、毛穴の汚れを吸着し、古い角質を取り除くことができます。

濃密な泡の作り方は、まず、適度にぬるま湯を加えながら、泡をつぶさないように手のひらで泡立てます。

うまく泡立たない場合は、ネットを使ってみてください。

泡立てネットを使うと、たった10秒でとてもきめ細かい泡を作ることができます。

モコモコの泡を作ったら、両手でこねるようにして空気を抜きます。ここがポイント!

すると、簡単に濃密でクリーミーな泡ができますよ。

mery jp (3)

正しい洗顔方法について詳しく知りたい方は、コチラの記事を参考にして下さい。
肌の悩みはコレを見直さなければ絶対変わらない!正しい洗顔のすすめ


洗顔料選びは大事なポイント!

洗顔料って本当に種類が多いですよね~

石油系界面活性剤を使用していないクレンジングやダブル洗顔不要なクレンジング、保湿成分の入った洗顔料、泡立て不要な洗顔料など肌への負担を極力減らし、刺激や摩擦を避けること。

自分のメイクアップの成分や濃さ、肌質、性格に合った洗顔料選びがカギとなります。

私はズボラな性格なので、ダブル洗顔不要なタイプや泡立て不要な洗顔料を使用しています。
私の洗顔事情、使い分けるとタメになる!

泡立ち不足な状態で洗顔するくらいなら、泡立て不要なミルクタイプやゲルタイプがおすすめです!


くすみの改善にはピーリング?

角質ケアというと、手っ取り早い方法として挙げられるのは、ピーリングや酵素洗顔ですかね!?

でも、乾燥肌・敏感肌の人には、ピーリングや酵素洗顔など、洗浄成分が強いこともあるので肌の刺激になる場合もあります。

使用頻度や用法をくれぐれも守って行うようにしましょう。

間違った用法として一番多くあげられるのは、ピーリング剤を肌の上にのせている時間、おおむね長すぎるんです。

面白いようにポロポロと出てくる角質?に、つい夢中になって既定の時間以上に使用してしまったり、チカラを込めてクルクルしてしまったり…どちらも肌への負担は避けられません。気をつけてくださいね。

私個人の意見としては、リスクの高いピーリングなどの角質ケアに頼らなくても、十分改善の余地はあります。

というか、私の場合、ピーリングを止めた今の方がずっと肌はキレイです。

skincare univ (8)

上述した通り「くすみが気になる」と思ったら、まずは洗顔料と洗顔方法を見直してみてください。

洗顔料や洗顔方法にこだわることで、1週間後には違いが見られます!

2~3週間後にはワントーン明るくなった素肌がよみがえってきますよ。


でも、もし「あまり変わらない?」と思ったら、それは原因の異なるメラニンくすみや糖化くすみの場合が考えられます。違ったアプローチが必要かもしれません。

そうであっても、正しい洗顔は美肌への近道です。ぜひ継続してみて下さい。


くすみが解消されれば、キレイ色も似合うようになって、春がますます楽しみに♪

今からでも間に合います!くすみのない明るい素肌で、春のファッションを楽しみましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪



関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する