×くすみの原因は紫外線?メラニンくすみを改善する方法

紫外線を浴びると、メラニンが増える?

メラニンが増えると、シミやくすみの原因に!?

紫外線イメージ1

これからの季節、特に気をつけたいのが紫外線。

肌をくすませる大きな要因のひとつです。

紫外線を浴びると、そのダメージから守るために肌はメラニンを作りだします。

肌内部で生成されるメラニンが褐色なため、肌色がトーンダウンして見えてしまうのです。

肌のターンオーバーが正常ならば、時間とともにメラニンが肌の外に排出され、やがてもとの肌色に戻りますが…

何らかの原因によって肌のターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンが蓄積される場合も!?

それが肌のくすみ感やシミへとつながってしまうのです。

では今回は、メラニンによるくすみの原因と解消方法について紹介していきますね。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪




メラニンによるくすみ

肌悩みイメージ5

メラニンくすみとは、日焼けや炎症などのダメージによってメラニンが大量に作られ、排出がスムーズにいかなかったことによるくすみの状態。

紫外線をあびると肌の奥を守るために、メラノサイトという色素形成細胞が刺激を受け、メラニンを作ります。

健康な肌であれば、メラニンを含んだ表皮は、肌のターンオーバーで約28日かけて生まれ変わっていきますので、表皮が角質になって剥がれ落ちるときに、メラニンも排出されていくものなのです。

でも、ターンオーバーが乱れてしまったり、紫外線を浴び続けてメラニンが必要以上に生成されてしまうと、うまく排出されません。

すると肌の中にメラニンが残るため、肌がくすんでしまうんです。


メラニン くすみ 原因

くすみの原因はいくつかありますが、最大の原因は紫外線です。

紫外線は、シミの原因となるだけでなく、くすみの原因にもなります。

それは紫外線を浴びることによって生成されるメラニンの仕業です。

しかし、メラニンを増やすのは紫外線だけではありません。

ニキビや肌荒れなどの度重なる炎症、摩擦や刺激による炎症でもメラノサイトが刺激されるため、メラニンによるシミやくすみを誘発してしまいます。

過度なスキンケアや間違った洗顔方法、肌に触れる癖なども要注意です!?

さらに、メラノサイトは女性ホルモンにも刺激を受けると言われています。

排卵から次の生理までの約2週間と妊娠中は、メラノサイトを刺激するホルモンが通常の10倍近くにも増えるとか!?

体質にもよりますが、この時期はメラニンが増えやすいため、肌がくすみやすくなるそうです。


メラニン くすみ 改善方法

charmy photography 1
©charmy photography

日焼け止めで紫外線を防ぐ

紫外線は、天気に関係なく降り注いでいます。

まずは何よりメラニンを生成させない、つまり紫外線を浴びないことが重要です。

そのために、最も効果的な対処法は、なんといっても日焼け止めを塗ること!

夏やビーチに行くときだけに限らず、紫外線対策は年間を通して使うことが基本です。

日焼け止めを選ぶときは、紫外線をカットする効果の表記を要チェック。

日常生活では、SPF30、PA++もあれば十分ですが、レジャーなどではより強力なものを選び、汗をかいたら小まめに塗り直しましょう。

SPF数値の高い日焼け止めを日常的に使うのは、肌へ負担をかけますので避けたほうが良いと思います。

ちなみに、日焼け止めの種類として紫外線散乱剤や吸収剤といった成分もチェックしてみると良いですよ~

専用のUVケアアイテムだけではなく、UVカット効果のある日中用乳液やメイク下地、ファンデーションを利用するのもおすすめです。


地表に届く紫外線にはUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があり、そのうちメラニン生成に深く関与しているのはUVB。

このUVBは、曇りや雨の日にも地表に届いてしまうから油断できません。

晴れの日のUVBの量を100%としたとき、薄曇りのときは50~80%、空が暗くなるほど大雨の日でも20~30%、というデータがあるほどです。また、木陰の場合でも、直接浴びる場合の40~50%の紫外線が肌に届いている可能性があり、やはり日焼け止めは欠かせません。

一方、室内にいる場合でも、シワを招くUVAについては窓ガラスを透過してしまうので、美肌を保つためには室内にいるときでも日焼け止めを塗った方が安心ですね。

normal.jpg

保湿ケアを徹底させる

紫外線を浴びると、つい美白ケアに専念しがちですが、実は…まず力を入れるべきケアは「保湿」。

というのも、紫外線によってダメージを受けた肌は、炎症が起きている可能性が高いからです。

強い紫外線を浴びたあと、肌が赤くなったり、ほてったり、カサついたりしませんか?それこそ、肌がダメージを受けているサインなのです。

肌はたっぷりのうるおいで満たされて正常に機能していれば、肌自らのチカラでダメージや炎症に対処できるはずなんです。

メラニンが生成されたとしても、正常なターンオーバーによってやがてメラニンを排出することもできます。

でも、肌のうるおいが不足していると、肌は自らのチカラで立て直すことが難しく、ターンオーバーにも悪い影響を与えてしまうことに!?

つまり、紫外線を浴びたあとは、何よりも肌をうるおすことが重要というわけです。

できてしまったメラニンを排出するためにも、肌のターンオーバーを整える保湿ケアは、日頃から心掛けて損はなし!

thNMRUNRQD.jpg

美白ケアでメラニンにアプローチ
紫外線による赤みやほてりがなくなったら、美白ケアをはじめましょう。

メラニンを生成させない、生成されても排出を助けてくれるなど、肌にメラニンを残留させないように、つまり、肌にくすみを感じさせないように導くことができます。

美白コスメは常に最新テクノロジーを競い合い新製品が続々登場していますが、各メーカーのメラニンに対するアプローチはさまざまです。

美白成分の種類、効果実感、使用感の好みなども含めて自分のお気に入りを見つけ、くすみが気になるときにすぐ使えるようにしておきたいものです。

くすみ対策用としては、シミなどを狙い撃ちするスポッツケアタイプより、広範囲を一度にケアできる全顔用が便利だと思います。


実際に購入したら、まずはその商品を最後まで使い切ってみましょう!

つい即効性を求めがちですが、シミやくすみの解消と肌のターンオーバーは密接に関係しています。

すぐに肌のくすみが解消されなくても、肌のターンオーバーが1周した頃には、明るさや透明感が戻っているかもしれません。

Tanpopo Huynh 1
©Tanpopo Huynh

正しい洗顔でメラニンの排出をサポート

紫外線を浴びた肌は、ダメージを受けたり、乾燥したりして、肌のターンオーバーが乱れやすい状態です。

そのため、肌内部で生成されたメラニンがスムーズに排出されずに留まり、くすみとして実感されてしまうことも多いようです。

そんな状態を防ぐためには、肌のターンオーバーを整えるケア、つまり、肌表面にたまった古い角質を取り除くケアが欠かせません。

角質ケアと言うとちょっとハードなお手入れというイメージがあるかもしれませんが、正しい洗顔を心掛けるだけでも十分な効果が得られますよ。

正しい洗顔方法について詳しく知りたい方は、コチラの記事を参考にして下さい!
肌の悩みはコレを見直さなければ絶対変わらない! 正しい洗顔のすすめ


いずれの方法も年間を通して効果的ですが、とくに紫外線の強い夏はくすみ対策として不可欠です。

メラニンを肌に定着させないために、ぜひお試し下さい!

シミやくすみのない透明感のある肌は、いくつになっても女性の願いですよね~

気づいたときからコツコツとお手入れを行うこと。そして、陽射しが強い季節だけでなく、通年ケアを心がけること。

もちろん、普段の生活でも、帽子をかぶったり、夏は日傘をさしたり、紫外線から肌を守る手段を取り入れましょう♪


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪

関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する