×乾燥とくすみ、肌が乾燥すると老けて見える理由

55cada4a4fb23.png

乾燥しやすいこの季節、鏡を見て

「なんか疲れてみえる」「なんか老けて見える」

と、ご自身で思ったことはありませんか?

それは「乾燥くすみ」のせいかもしれません。


乾燥肌の悩みとは、肌のカサツキや化粧ノリの悪さだけではありません。

肌が乾燥すると肌から透明感や明るさが失われ、いわゆる「くすみ肌」になっていきます。

透明感のないくすんだ肌では不健康そうに見られるだけでなく、老けて見えてしまいがちです。

年齢よりも若々しく見せるためにもくすみは解消しておきたいものです。

そこで今回は、乾燥により引き起こされる「くすみ」の原因と具体的な改善策について考えてみます。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪




先日は「乾燥と毛穴」について考えてみました。

まだお読みでない方はコチラ
乾燥と毛穴、肌が乾燥すると毛穴が目立つ理由


乾燥くすみの原因とは?

くすみイメージ1

さて、今回は「乾燥とくすみ」について

お肌が乾燥すると、その乾燥が原因でくすみ肌になることがあります。

正確に言えば、「くすむ」というより「くすんで見える」といった方が良いかもしれません。

肌が乾燥すると、なぜくすんで見えるのでしょうか?

その原因は角質の状態にあります。

よく寒天が例に挙げられているので、私もならうことにしましょう。

水分をたっぷり含んだ寒天は、プルプルとして透明感がありますよね。

でも、乾燥している状態では硬くて くすんでいます。

肌も同じで、水分が少ないとくすんで見えてしまうものなのです。

549503.jpg

また、肌が乾燥することで肌のバリア機能が損なわれてしまいます。

さらに、角質同士の結びつきもゆるみ、角質が早く剥がれやすくなっていきます。

それらを補うために肌の新陳代謝が早まり、肌はまだ十分な準備が整っていない状態なのにターンオーバーを繰り返すことで、バリア機能の未熟な角質が肌を覆うことになるのです。

すると、あとは坂道を転がり落ちるように状況は悪化。
角質が厚くなってきます。


過去記事でターンオーバーについて詳しくご紹介しています。ご興味のある方はぜひご覧になって下さい。
肌のタ-ンオーバーが早過ぎても肌荒れの原因に

角質層の働きやバリア機能についてご紹介している記事も参考になるかと思います。
角質層が握る美肌へのカギ


さて、角質が厚くなると、厚くなった分だけグレーのような色合いに見えてきます。

サランラップを例に挙げてみましょう。

1枚では無色透明のサランラップ、それを何枚も重ねていくと透明感が損なわれくすんで見えてきます。

肌も同じで、角質層が厚くなるとくすんで見えてしまうのです。

これが乾燥によるくすみです。


具体的な解消方法とは?

予防法は、「肌を乾燥させないこと。」

すみません、当たり前なことですよね。

とはいえ、乾燥肌といっても個人差もありますし、保湿ケアなら十分しているはずなのに乾燥が止まらないという方もいらっしゃるでしょう。

中にはご自身の肌が乾燥していることさえ自覚されていない場合もあります。


Маникюр ру (3)

では、具体的にどのようにくすみを改善・解消していけば良いでしょうか?

よく目にする解決方法は、ピーリングですよね。

試されたことがある方も多いのではないでしょうか。

一度行うだけでも確実に効果を感じられる一番簡単な解消法と言えます。

古い角質を取り除き、その後のスキンケアの浸透も高まることで、肌が保湿されやすく、くすみも払拭されることでしょう。

でも、私個人としてはオススメできません。

なぜならリスクも高いからです。

ましてやコットンでふき取るタイプのピーリング化粧水を常用することはさらにリスクが高くなります。摩擦が加わることでさらに角質を傷つけてしまうからです。

乾燥肌や敏感肌の方にはなおさらオススメできません。


確かにターンオーバーの遅れによるくすみであれば、ピーリングは最も効果的な手段と言えるでしょう。

でも、肌のターンオーバーは生理周期のように正確に把握することはできません。

もし前述したような早過ぎるターンオーバーが原因で角質が厚くなっているのであれば、脆弱な角質をピーリングで剥がすことは致命的なダメージとなりかねません。

角質の厚さも自分では測りようがありませんよね?

本当に角質が厚くなっているかどうかも不明確なのに、高いリスクを背負う必要があるのでしょうか?


私自身 乾燥性敏感肌だったのでカサツキ、粉ふき、肌荒れ、ニキビ、毛穴、黒ずみ、くすみ、シワと多くの肌悩みを抱えていた中、今までにいろんなスキンケアを試してきましたが、その中で一番後悔しているケアのひとつがピーリングです。

過去記事にピーリングについてご紹介した記事がありました。よろしかったらご参考までに…
本当にピーリングが必要ですか?


どうしてもくすみを早く解消したいということであれば、スペシャルケアとして単発で行うのであれば良いかもしれません。

商品の用法を守ったとしても、週に何回も、月に何回も行うことは避けた方が良いと思います。

一度効果を実感してしまうと、手軽なこともあり、つい何度も試したくなるピーリング、諸刃の剣です。

2回目以降のピーリングには注意が必要です。

最低でも肌のターンオーバー1回分(約1ヶ月)は期間を開けることをおススメします。


デイリーケアでくすみ解消!

洗顔イメージ14

では、デイリーケアで乾燥によるくすみを解消することはできないのでしょうか?

スキンケアでたどり着いた私の答えは、とても単純。

「余計なことはするな。基本に帰れ!」です。

・洗顔を見直すこと
・基本のスキンケアを丁寧に行うこと
・摩擦は徹底して避けること
・余計なことをしないこと

たったコレだけです。


今までいろんなスキンケアを試してきましたが、結局は基本をしっかり丁寧に行い、余計なことを止めただけで肌はびっくりするほど変わりました。


いきなり全部変えることもできないかもしれませんが、できることから1つずつ無理のない範囲で改善してみませんか?


乾燥くすみを解消したいのであれば、まず洗顔を見直してみて下さい。

洗顔ってスキンケアの中で意外と軽んじられている印象ですが、正しい洗顔方法を極めれば間違いなく肌は変わります。

自分の肌に合った洗顔料で、優しく丁寧に素早く洗う。

うまく洗顔できると一度の洗顔でもくすみが薄れていくのがわかります。


正しい洗顔方法については、以下の目次ページを参考にして下さい。いろいろ掲載させていただいています。
▶ 肌の悩みは洗顔を見直さなければ絶対変わらない


正しい洗顔方法を身につけることで、くすみだけでなく乾燥も改善させることができます。

乾燥を助長させる原因のひとつは洗顔料選びと洗顔方法だったりするからです。

この機会にぜひ洗顔を極めてみませんか?

くすみ解消に役立つこと間違いなしです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する