×もぐもぐ体操でフェイスライン、二重あごをスッキリ解消

IMG_9627.jpg


そろそろタートルネックの季節も終わりますね。

春になると軽やかに首元を見せたくなります。

とはいえ、年齢のでやすい首元、冬の時期ついケアをサボっていたので…

ぼやけたフェイスライン、微妙にたるんだあごのラインが気になります。

本格的に温かくなる前に、もっさりしたフェイスラインをスッキリ解消しておきましょう!


今回は気軽に隙間時間に行える「もぐもぐ体操」をご紹介します。 ←勝手に命名。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪


もぐもぐ体操

私は基本的にズボラなので、面倒なことは続きません。

いかにして「簡単に効果を発揮できるか」がカギ!

そんな私が目をつけたのは、隙間時間にいつでも簡単に行える「もぐもぐ体操」

その名の通り口をモグモグさせるだけです。

もっと良い名前がありそうですが、そのままわかりやすく表現してみました。

ただ前を向いて行っても意味はありませんので、次のステップをご確認ください。


基本姿勢 : 思い切り上を向く

正しい姿勢で背筋を伸ばして、顎を天井に向けて下さい。

その際に背中が反り返ってしまうと腰痛の原因になりますので、ご注意下さい。

慣れるまでは座っていた方がやりやすいかもしれません。

身体が後ろに倒れてしまうと効果半減なので、しっかりおなかに力を込めて、

のどから顎のラインを一直線にするイメージでやってみると、のどがググッと伸びます。

アゴを上げながら頭を右後ろ、左後ろに倒すと、それぞれ首の左側、右側がよく伸びます。

普段 家事やスマホ、読書など下を向いていることが多いかと思います。

アゴ・首には顔の老廃物を流すリンパが通っていますが、デスクワークで頭や肩を前に出して長時間いると、首が緊張し、リンパの流れが滞ります。

作業の手を休めて意識してストレッチするだけでも、滞った血行を促し、首周りのリンパも刺激することができますよ。


mogumogu-1.jpg
画像引用@kirei-torisetsu.com

STEP.1 いー

基本姿勢のまま、口角を思いっきり下げて下さい。

あごは天井に突き上げて、口角だけ下げるように。

やりづらかったら、唇を合わせず、口を軽く開いてもOKです。

うまくできると首筋がギュッと浮き出ます。

10秒キープして、基本姿勢に戻す

数回繰り返して下さい。

033.jpg


STEP.2 ちゅー

基本姿勢のまま、天井に向かってキスするように口をすぼめて下さい。

その際にアゴはしっかり天井に向けて突き上げたまま、です。

10秒キープして、基本姿勢に戻る

数回繰り返して下さい。


STEP.3 もぐもぐ

次に、できるだけ口を閉じたまま、大きく顎をモグモグさせてみて下さい。

もちろん基本姿勢のまま、です。

閉じた口の中で、歯の噛み合わせを緩めて、再度噛み合せる際には

顎をできるだけ天井に向けて突き上げた基本姿勢にしっかり戻すように心掛けましょう。



上を向いたままモグモグすることで、緊張と緩和を繰り返すことになります。

「いー」が首のサイド、首筋に効いたのに比べ、

「ちゅー」はあごの下あたり

「もぐもぐ」はあごの下や首の前に効きます。


慣れるまで首の角度やあごの位置などいろいろ試してみて下さい。

自分で「ココが一番効く!」という角度が見つかると思います。


私は回数や時間を決めずに、家事の合間、テレビのCM中、パソコン作業の合間など、気がついた時に行うようにしています。

肩凝り・首凝りにも効きますよ~


フェイスライン・顎のラインをスッキリさせる簡単なエクササイズ

こんな単純なことでも、毎日繰り返していたら結構スッキリしてきましたよ♪

ぜひ隙間時間にお試し下さい!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪



関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する