×間違った目元ケアはシワの原因!

目元ケア

ちゃんと目元ケアをしているのに、目の下のしわが増えてきた…

それは間違った目元ケアが原因かもしれません。

高価なアイクリームなどのスキンケアも、地道なマッサージツボ押しなどのケアも、間違ったケア方法では逆効果となる可能性も!?

え~!?って感じですよね。

ケアを怠ってしわができるならまだしも、一生懸命ケアしたせいでしわができたりしたら…もうヤル気なくなっちゃいますよね~


目の周りの皮膚はとてもデリケート

そのため、良かれと思ってしたケアが原因となって逆にシワを作ってしまったり、悪化させてしまったり、アダとなってしまう場合があります。

今回はそんな「ありがちな目元のNGケア方法」を紹介します♪


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



正しいケアと間違ったケア、その差は紙一重?

私のような美容ブログをのぞきにきている方は、きっと美意識の高い方だと思います。

もしくは、私と同じように年齢を重ねるごとに肌の悩みを抱えて、なんとか改善させたくて努力されている方かな?

どちらにせよ、エイジングケアに欠かせないしわ対策の必要性は感じられていると思います。

正しいケアと間違ったケアのちがいは、ほんの些細なことであったりします。

それは、スキンケア化粧品の選び方だったり、ケア中の指のチカラ加減であったり…


化粧品選びに関しては、「あたなに合うのはコレ!」と私が断言することはできません。

なぜなら私がベストコスメ!と感じても、他の人の肌には合わない場合だってありますよね?

自分に合ったスキンケア化粧品を選ぶコツは、化粧品を変えた時の自分の肌状態を「よく観察すること」、肌の変化を見逃さないことだと思います。

最近、私はトライアルセットをよく利用するようになりました。 気軽に「自分の肌に合うかどうか」を確認することができるからです。

肌悩みを解消してくれるほどの「マイ ベストコスメ」を見つけるためには、多くの化粧品を実際に使ってみなければ、わかりませんから♪


同じように難しいのは、ケア方法
どの商品サイトや美容ブログでも、よく目にするのが「やさしくマッサージするように…」とか「こすらないように気をつけましょう」など

自分では、その用法を守っているつもりなんです!

それでも、実はチカラ加減が強すぎて摩擦や刺激を与えてしまうことがあります。

文字で読むのと、実際に行うのでは、感覚の違いが生じてしまうからです。

「やさしくマッサージするように」という説明の意味を、私自身かなり長い間 勘違いしていました。 マッサージという言葉に囚われてしまい、顔のお肉をグニグニ動かすくらい文字通りマッサージの雰囲気でした w

言葉の捉え方は人それぞれ!?

何はともあれ、前向きにエイジングケアに取り組んでいるからこそ、その些細な違いを知っておきたいと、私は思います。


ありがちなNGケア 目元編

目元がデリケートなことはわかっているのに、なぜか自覚もなしに行ってしまうNGケア…どんなものがあるかみてみましょう!

目元のマッサージ

マッサージがNG?
ちょっと意外な感じがするかもしれませんね。

目の下のくまを解消するには、「目元マッサージで血行を良くしましょう!」なんてよく見かけますが、マッサージのコツがわからない私には超NGです w

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s.jpg

目元の皮膚は0.6mm程度とかなり薄いため、引っ張ったり、強く押したりすると皮膚が伸びてしまい、シワの原因になってしまいます。

また、マッサージの肌摩擦が角質層を傷つけてしまうと、水分保持力を下げたり、真皮層のコラーゲン繊維や毛細血管までダメージを与えてしまいます。

目元の皮膚は薄いので、強い力を加えてしまうと毛細血管がダイレクトに傷つきやすく、しわの原因となるだけでなく、色素が沈着して目の下のクマの元になってしまう恐れも!?

目元の血行を良くすることが目的ならば、リスクの高いマッサージをするよりホットタオルを目に当てるだけで十分ですよ♡


強いクレンジング剤

140901_5898_333_250.jpg

一般的にクレンジング剤には、界面活性剤や添加物が含まれている場合が多いです。

界面活性剤はとても強い洗浄力があるので、濃いアイメイクなども簡単にキレイに落とすことができます。

でも、その強い洗浄力は、肌の角質層の保湿成分まで洗い流してしまいます。

クレンジングを使う場合は、できるだけ短時間に素早く洗い流すと良いかも。

他にも、マスカラはお湯で流れるタイプに変えたり、界面活性剤や添加物のはいっていないクレンジング剤を見つけたり、肌の負担を軽くする努力は必要かと思います。


紫外線対策

ab0909b0cd56580ce321eea8d7540c07_s.jpg

近年、美容業界でも、紫外線の美容に対する影響について声高に警告されていますね。

紫外線の強い夏は、万全な紫外線対策を心掛けている方が多いことと思います。

では、他の季節は?
同じように紫外線対策をしていれば問題ありませんが、意外と手を抜いてしまう方が多いのではないでしょうか?

紫外線は多少の強弱はありますが、年中 私たちに降り注いでいます。 そして、紫外線の肌へ与える影響も変わりません。

ちなみに、真夏のレジャー時に使うような強力な日焼け止めを塗る必要はなし! 強すぎる日焼け止めも肌への負担になりますから…

日常生活ならSPF30以内でPA++あれば十分ですよ♪

わざわざ化粧下地と合わせて日焼け止めまで塗るのは面倒な方は、UVカット効果のあるファンデーションでも、こまめに塗り直せばOKです!


まとめ

ありがちな目元のNGケア、いかがでしたか?

・ 目元のマッサージ
・ 強いクレンジング剤
・ 紫外線対策

もしこんなケアをしていたとしても、どれも簡単に見直すことができると思います。

私も夏以外は日焼け止めを塗らない派でしたし、クレンジングオイルを愛用していました。 何より目元のマッサージは熱心に行っていました(恥) 特にケア中のチカラ加減! 正直いまだにつかめません。

なので、「やさしくマッサージするように」は止めて、今はハンドプレスするだけにしました。

なかなか改善しない肌の悩み…いろいろ調べたことが、自分のケア方法を見直すキッカケになりました♡

良かれと思ってしていることが、必ずしも肌に良いとは限りません。

何気なく行っていたケア方法を見直していくごとに肌が変わっていきます♡

目元ケアをしているのになかなか改善されない場合は、自分のケア方法を一度見直してみると良いかもしれませんよ~


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する