×鼻の黒ずみを除去する方法 STEP.1 毛穴 汚れつまりタイプ

bglen 洗顔イメージ 2-2

鼻の毛穴にお悩みの方も多いと思います。

お化粧してもうまく隠せないほどのポツポツとした白い角栓黒ずみ、目立って仕方がありません。

正直「毛穴なんて、なくなればいいのに!?」と思ってしまいます w

でも、この毛穴、皮脂を分泌することで空気中のホコリや化学物質などの外的刺激から肌を守っています

さらに、汗や皮脂と一緒に体内の老廃物を排出してくれているそうです。

肌のバリア機能デトックス機能を担っている毛穴、なくなっては大変です!?

ましてや、汚れやつまりを放置して、これらの機能が損なわれては美肌になることは叶いません。

今回は、鼻の黒ずみを除去するには?
STEP 1

毛穴の汚れやつまりを解消する方法を紹介しますね。

関連記事
毛穴の黒ずみを除去するには?STEP by STEP


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



毛穴の黒ずみの原因

毛穴に黒ずみができてしまうのは、肌質や日頃のスキンケアによって、いくつか原因があげられます。

今回は特に最大の原因と思われるタイプから紹介しますね。

汚れ・つまりタイプ

年齢や肌質を問わず引き起こされる鼻の黒ずみ最大の原因は、毛穴に詰まったホコリや皮脂などの物理的な汚れで詰まっている状態

ホコリや皮脂、古い角質、落としきれなかったメイクなどが毛穴に詰まっている状態で、触れるとザラザラしているのが特徴

特に、酸化して黒ずみの原因となりがちなのが角栓

角栓は、過剰に分泌された皮脂に古い角質などのタンパク質が交わったもの。

皮脂ケアばかりに囚われていても角栓は除去しきれないそうです。

なぜなら角栓の約70%がタンパク質だからです。

角栓を除去したなら皮脂ケアと同様に角質ケアも大事なポイントとなります。


でも、汚れつまりタイプが原因の場合は、正しい洗顔とスキンケアを心がけることで意外と簡単に除去できる場合が多いです。

もちろん一朝一夕にはいきませんがw


毛穴の黒ずみを除去する方法

汚れつまりタイプの基本ケアは、洗顔

正しい洗顔方法について詳しく知りたい方はコチラの記事を参考にして下さい。
正しい洗顔の方法、自分の肌は自分で守る!

日焼け止めやファンデーションなどのメイクには油分が含まれているため、空気中のホコリや化学物質が付着しやすくなります。

お化粧をしたり日焼け止めを塗ったりした日には、必ずクレンジングをしましょう!

また、スペシャルケアとして、スキンケアにピーリングを取り入れてみるのも良いと思います。

ピーリングは、古い角質を取り除くことで肌の正常なターンオーバーを促すことができます。

ただ、やはり自然と角質が剥がれるターンオーバーに比べ肌への負担もかかりますので、用法・適正量・頻度は必ず守りましょうね。

しかし、肌荒れやニキビ、乾燥肌がひどい場合は、ピーリングは控えたほうが良いかもしれません。

毛穴パック同様、ピーリングも諸刃の刃です。 正しく行わなければ、肌を傷つけるリスクが高いものです。

ピーリングについて詳しく知りたい方はコチラの記事も読んでみてね。
本当にピーリングが必要?

そして、絶対に欠かせないのが保湿ケア!

洗顔後の肌からは水分がドンドン蒸発してしまいます。 洗顔後はできるだけ早く保湿を行いましょう。


クレンジングの注意点

クレンジングをしっかりしていもメイクがきちんと落としきれていない場合があるそうです。

特に注意したいのが、小鼻周りや髪の生え際、頬のもみあげ前、下唇の下など。

落としきれない最大の原因は、適正量を使っていないことだそうです。

クレンジングはケチらず使う!w

適正量を使えば、肌の摩擦も軽減することができますよ~

また、洗い流し残しがあるのも同様の部位とのこと。

立体的な小鼻周りや顔の端っこほど入念に洗い流すようにして下さいね。


オイルクレンジンングの場合、洗い流す前に乳化させる!

なじませた後、すぐにシャワーなどで洗い流していませんか?

洗い流す前のひと手間、濡れた手で乳化させることで、汚れが浮いた状態になります。

汚れをスッキリ、洗い上がりに差がでるそうです。

コチラの記事では、クレンジングの問題点について詳しくご紹介しています。
オイルクレンジングのありがちな思い込み


ふき取るだけのクレンジング

私個人としは、手軽な「ふき取りタイプ」のクレンジングは信用できません。

ふき取りながら、微細なメイク汚れを毛穴にすり込んでいる気すらします。

そっとコットンをあてて、汚れを浮かせてふき取るのが正しい使い方ですが、つい早く寝たくて、ゴシゴシとふき取っていませんか?

ましてや、ふき取っただけで基本スキンケアもしないで寝てしまうのは論外!?

本当に疲れてクレンジングをする気力さえない時など化粧したまま寝てしまうよりはマシかもしれませんが…日常的に使うことはおすすめできないなぁ~


洗顔後の保湿ケア

クレンジング・洗顔後の保湿ケアはとても大事です。

オイリータイプの方は特に、乳液やクリームなどのスキンケアをためらいがちですが、オイリータイプの方でもインナードライを引き起こしている場合があるんです。

洗顔で毛穴をキレイに掃除した後は、しっかり保湿して肌の奥までうるおいで満たすこと

そして、肌の表面から水分が蒸発するのを防ぐために必ず乳液やクリームを併用しましょう!

掃除した後の毛穴は開きがちです。

開いた毛穴をそのまま放置すると同じ毛穴に汚れが詰まりやすく、角栓の再発を招きます

しっかり毛穴を引き締めるためにも保湿ケアは欠かせないものなのです。


クレンジングや洗顔方法を見直すことで劇的に毛穴の状態が改善することが多いです。

それでも、まだ黒ずみが解消されない場合は、黒ずみができる他の原因が考えられます。

STEP.2を参考にしてみて下さい。

目次ページ
毛穴の黒ずみを除去するには?STEP by STEP


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪
関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する