×鼻の黒ずみを除去する方法 STEP.2 毛穴 乾燥タイプ

女性2-4

鼻の毛穴、特に黒ずみを除去する方法について

黒ずみができる原因ごとに改善方法をシリーズでご紹介しています。

何より私自身が、鼻の黒ずみを除去する方法が知りたい!と心から願っているからです w

今回の 鼻の黒ずみを除去するには?
STEP 2 肌の乾燥が引き起こす黒ずみを解消する方法について

え~?乾燥で黒ずみができるのなんて、「もう知ってるよ~」

大事なのは保湿でしょ?と思われる方も多いかもしれませんね。

でも、知識として知っていること、と 実際にケアしているか?には大きな違いがあります。

私と同じように、もし今も鼻の黒ずみでお悩みなら、ぜひ一度スキンケアを見直してみて下さい♪

目次ページ
毛穴の黒ずみを除去するには?STEP by STEP


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



黒ずみができる原因

毛穴に黒ずみができてしまうのは、肌質や日頃のスキンケアによって、いくつか原因があげられます。

STEP.1 で1週間ほど様子を見ても、毛穴の黒ずみに変化がない方は、乾燥タイプかもしれません。

もちろん古い角質や角栓が除去されて多少の改善が見られても、毛穴の大きさに変化がない場合は、保湿ケアが足りていないのかも…

今回は次に考えられるタイプを紹介しますね。


開いた毛穴タイプ

乾燥肌保湿が不十分な場合に多いタイプです。

肌が乾燥していることで皮脂分泌が過剰になり、毛穴を詰まらせ、毛穴が広がってしまう状態。

その広がった毛穴に影ができてしまっているのです。


このタイプは、長年のスキンケアによって長期間 毛穴が広がっていたため、毛穴がその状態を形状記憶している場合があります。

要するに、毛穴に詰まりや角栓がみられないのに、毛穴が広がったままな状態なのです。

この毛穴の開きは放置してしまうと角栓だけでなくニキビシミなど他の肌トラブルを誘発しやすいため、早急に対応が必要です。

正しいスキンケアを続けて、肌がターンオーバーすることで改善が見られます。


毛穴の黒ずみを除去する方法

乾燥タイプでも洗顔はとても大事な要素です。

毛穴が開いた状態なので、毛穴が詰まりやすく、乾燥のため皮脂が過剰に分泌されがちなので、いつでも角栓ができる準備万端な状態だからです!?

正しい洗顔方法については、改めてまとめたいと思います。

さて、大事なのは保湿ケア

乾燥肌の自覚のある方なら保湿ケアは欠かしていないと思います。

・ 化粧水もたっぷり使っている!
・ 乳液やクリームも使ってる!
・ 必要なら美容液だって使ってる!


なのに、「なんで?」というのが正直な気持ちだと思います。

それでも、毛穴が開いたり、黒ずみができたりするということは、何かが足りないのかもしれません。

何が足りないか?
きっとそれはとても些細なこと。

例えば、根本的に今使用されている化粧品がご自身の肌に合っていないとか、1つのアイテムごとにちゃんと浸透させてから、次のアイテムを塗っていないとか…そういう次元なのだと思います。

先日、トライアルキットを使用した某化粧品会社の方とゆっくりお電話でお話しする機会がありました。

私の質問に、それはそれは丁寧に親身になって答えてくれました。

その方曰く、「同じ化粧品を使っていても、その化粧品が肌に合っていたとしても、洗顔方法や浸透のさせ方で効果が違ってくる」というのです。

知識で知っていることも多くありましたが、実際に行った場合の違いは「肌でわかる」と言うのです。

そのいくつかをご紹介したいと思います。

ケアポイント 洗顔

洗顔は、洗う順番が大事
気になる鼻やTゾーンから洗いはじめ、
乾燥しやすい頬は最後に軽く洗う

また、余洗い・すすぎは必ずぬるま湯で行ったほうが、洗顔で浮かせた汚れや皮脂がスッキリ洗い流せるそうです。

丁寧な洗顔を行うことで、そのあとのスキンケア化粧品の浸透度がグッと上がるそうですよ♪


ケアポイント 化粧水

化粧水は数回に分けて少しずつ浸透させる

たっぷり同じ量の化粧水でも、一度にバシャバシャいくか、数回に分けてじっくり浸透させるかで浸透度合いにかなり差があるそうです。

肌が一度に吸収できる量というのは限られているとのこと。

一度にたくさん使うより、数回に分けた方が経済的だし効率的なのだそうですよ♪


ケアポイント 乳液・クリーム

顔全体に万遍なく塗るのはもちろん大事なことですが、塗り方も大事!

基本は、顔の中央から外側下から上、エイジングケアとして顔のたるみをケアするのに一番良い塗り方ですよね♪

でも、この方法だと意外と塗り忘れてしまう場所があるそうです。

それが鼻や小鼻、眉間、下唇の下
そう、毛穴が開きがちな部位なんです。

化粧水をはじめ、乳液やクリームも最後の仕上げに、指の腹を使って丁寧に細やかに、塗り忘れがないようにしましょう。


ケアポイント ハンドプレス

化粧水を塗るのに、コットン派と手で塗る派とわかれると思います。

ちなみに、私は手で塗る派
コットンだとついこすってしまい、肌摩擦を起こしてしまうからです。

以前は私もバシャバシャいく派でした。浸透する前に次のアイテムを塗っていましたし(恥)

そんな私も今では化粧水など全アイテムで共通して塗り方を変えました。

ハンドプレスです。

顔を包み込むように手のひらでじっくり浸透させていきます

手のひらのぬくもりで浸透が良くなります。 ガサツな私でも肌摩擦とは無縁な方法です w

化粧品ごとに推奨の塗り方がそれぞれあると思いますが、自分に合った方法でしっかり浸透させることが大切だと思います♪

手のひらで肌に浸透していく感覚が感じとることができるので、
今日は浸透悪いなぁ~
足りてるかな?
もう少し重ね塗りしようかな?とか

日々、自分の肌状態と向き合うようになりました。

この方法に変えてから、肌の質がずっと良くなりましたよ♡

ハンドプレスについて詳しく知りたい方は、コチラの記事を参考にして下さい。
化粧水を効果的に浸透させるハンドプレスの方法

さて、今回は、乾燥タイプの対処法を紹介しました。

肌のターンオーバーに合わせて、日々改善がみられていくと思います。

肌のターンオーバーは基本1ヶ月と言われていますが、40代にもなると約40日以上、肌状態によっては約2ヶ月とも言われています。

洗顔と保湿ケアを徹底することで、肌のターンオーバーも正常化しますので、鼻の毛穴だけでなく、肌全体の質が向上していきます!

一朝一夕にはいきませんが、この方法でも鼻の黒ずみが改善しない場合は、黒ずみができる他の原因が考えられます。

STEP.3 を参考にして下さい。

目次ページ
毛穴の黒ずみを除去するには?STEP by STEP


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する