×界面活性剤、なぜ肌に悪いのか?そもそも界面活性剤って何?

界面活性剤は「肌に悪い」というイメージがありますよね!?美容意識の高い方なら 洗顔料や化粧品を選ぶ時「石油系界面活性剤が使われてないか?」気にされている方も多いかと思います。

そんな私も、やっと最近 手にとった化粧品の配合成分を気にするようになりました。

特にクレンジング剤など、高い洗浄力をもつのでメイクなどの油性汚れ落ちが良い反面、肌に必要な角質や皮脂、保湿成分まで洗い流してしまうと言われています。

できれば わざわざ配合されているものは選びたくない、というのが正直な気持ちです。

ですが、ひと言で「界面活性剤」といっても、化粧品などの成分表を見て、どれが界面活性剤なのかわかりますか?

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s.jpg

「界面活性剤」と書かれているわけではないからです。

近年、肌に悪いとされている石油系界面活性剤 「そもそも界面活性剤って何?」と気になったので、少し調べてみました。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



界面活性剤とは?

実は、界面活性剤は何千種類と存在していて、それぞれの役割によって使われる界面活性剤の種類が異なるそうです。

界面活性剤には、水と油のような混ざり合わないものの界面に働き、2つをなじませることができる物質です。

例えば…ドレッシングを想像してみて下さい。 混じり合わない水と油の間には常に境目がありますよね?それが界面(境界面)です。

界面活性剤には親水性と親油性の両方の性質があるので、この界面活性剤の働きで、その界面の性質を変えて、水と油を混ぜ合わせることができるようになるのです。

その稀な特性を活かして、界面活性剤には、洗浄作用・気泡作用・乳化作用・保湿作用・可溶化作用・帯電防止・殺菌作用など多くの機能があります。

その特性と機能によって作られた製品が、私たちの生活には数多く存在していたりします。

例えば、洗濯洗剤や台所洗剤にはじまり、シャンプーやクレンジンング、洗顔料、石鹸、グロス、ファンデーション、乳液やクリームなどの化粧品。 なんと界面活性剤の中には、食品添加物として認められているものもあり、ホイップクリームやアイスクリームなどにも含まれているんです。

気にしだしたらキリがない!? 生活の中から界面活性剤を完全に排除することは、かなり困難と思われます。


界面活性剤の原材料

次に気になるのが、界面活性剤の原材料。 界面活性剤には、石油由来とか植物由来、天然由来なんて書かれていますよね。

そう聞くと、なんとなく「石油系は肌に悪い・植物系は肌に優しい」と思いませんか?

でも実は、これらの表記には統一基準がないんですって!?

例えば、原料が石油と植物の両方で作られたものだとしても「植物性界面活性剤」ということもできるし、逆に「石油系合成界面活性剤」と言われているものが、植物から作られている場合もあるんです。

石油価格が高騰しているため、最近では「石油系」と書かれていても、原料に植物性オイルが使われていることが多いそうです。

こんなことでは、正直もう何を気にしたらよいか、わけが分からくなりますよね!?

しかし、前提として、日本で使うことができる化粧品原料は、厳格な毒性試験や刺激試験をパスしたものだけです。

現在の日本の化粧品には、肌に致命傷を与えるほどの洗浄剤は元々含まれてはいません。

界面活性剤に対して あまりストイックに考えてしまうと、とても生きづらいことになります。 上手に界面活性剤と付き合っていく方法を模索したほうが良いかもしれません。


肌のために気にするべき界面活性剤は1つ!

化学的に合成して作られた界面活性剤の多くは、原材料ではなく、その性質や作用、構造によって、刺激の高さが決まるそうです。

数ある界面活性剤の作用の中で、肌に一番悪影響を与える 刺激の高いものとは?

それは、洗うことを目的とした洗浄力のある界面活性剤(洗浄剤)のみなんだそうです。

洗浄剤は、主にクレンジングや洗顔料、シャンプーなどに含まれています。洗浄剤による肌荒れや肌の乾燥を防ぐためには、これらの使い方やコツをおさえることが一番重要と言えます。

前述したように、石油系・植物性・天然などの表記は、気にする必要はありません。それでも気になるようなら、いづれの種類にしろ「界面活性剤不使用」と謳われている商品を選ぶしかありません。

ちなみに、化粧水や乳液、クリーム、ファンデーションなどに含まれている界面活性剤には洗浄作用がないので、心配する必要はありません。これらに含まれる界面活性剤は、品質や使用感をあげるために必要不可欠なものなので、気にしすぎないことです。


なぜ洗浄作用が肌に悪影響を与えるのか?

では、最も肌に影響を及ぼす洗浄剤が含まれたクレンジングや洗顔料を中心に話します。

クレンジング剤や洗顔料に含まれている界面活性剤の洗浄力には、油脂・タンパク質・粉体などを落とす力があります。

この洗浄作用により、メイク汚れや皮脂汚れ、古い角質を効果的に落とすことができるのです。

肌のバリア機能を十分に発揮するためには、適度の皮脂と健やかな角質層が必要なところですが、洗浄力が強すぎると必要以上に皮脂を洗い流し、肌に必要な角質細胞まで剥がしとってしまいます。

結果、肌のバリア機能を破壊しかねません。

特に気になるのが、たんぱく質を溶かしてしまう作用。

肌に刺激を感じるほど肌に合わなければ、そのクレンジングや洗顔料の使用をすぐにやめますよね?

でも、肌に刺激を感じなくても、その洗浄力がジワジワと肌を冒していくこともあるんです。

洗い上がりが超サッパリで気持ちいい♪なんて喜んでいると、肌のバリア機能がどんどん低下し、じわじわと肌荒れや乾燥を悪化させることになってしまいます。

さらに、そこで過度な洗顔や間違った洗顔方法を行うことで、さらに状況を悪化させてしまいます。

洗顔のこわさは、毎日朝晩行うことで、慢性的に肌を痛め続けてしまうことです。


洗浄力のある界面活性剤とうまく付き合うのは?

洗浄力のある界面活性剤とうまく付き合っていく秘訣は、クレンジング剤や洗顔料の使い方や選び方にあります。

洗浄剤による肌荒れや乾燥を防ぐための4つのポイント

① クレンジングは1分以内
② クレンジングと洗顔のダブル洗顔を避ける
③ クレンジングはオイルタイプを避ける
④ 脂性肌以外は朝は洗顔料を使わない


① クレンジングも洗顔もそれぞれ1分以内

クレンジング剤には、洗浄剤が比較的多く含まれています。

個人差はありますが、界面活性剤が含まれているクレンジンング剤で5分くらいクレンジングを続けると、肌の角質層が破壊されると聞いたことがあります。

なので、1分以内であればバリア機能を壊される前なので、クレンジングはできるだけ手早く終わらせることが大事です。


② クレンジングと洗顔のダブル洗顔を避ける

ダブル洗顔は、肌へダブルのダメージを与えかねません。

できるだけダブル洗顔不要のクレンジンングにするか、クレンジング不要のメイクに切り替えるなど、ひと工夫することで肌のバリア機能を守ることができます。

汚れが肌に残っていると肌荒れの原因となりますから、クレンジング選びも大事なポイントです。


③ クレンジングはオイルタイプを避ける

オイルタイプのものよりミルクタイプ・クリームタイプなどのクレンジングの方が、洗浄剤の料が比較的少なく、肌への負担も軽くすることができます。

乾燥肌や敏感肌の方は、特にオイル洗顔は避けた方が無難かと思います。

また、ふき取りシートタイプは、肌摩擦を起こしやすいので要注意です。


④ 脂性肌以外は朝は洗顔料を使わない

乾燥肌や敏感肌の方はすでに肌のバリア機能が低下していると考えられます。

夜の間に多少なりとも回復したバリア機能を、朝の洗顔でまた洗い流すことになりかねません。

朝はあえて洗顔料を使わず、ぬるま湯だけで顔をすすぐことをおすすめします。


さいごに…

界面活性剤について調べれば調べるほど、正直 界面活性剤なくして生活するのは難しいと思うようになりました。

であれば、肌に一番影響を与える洗浄剤にだけ気をつける。

私は、基本的に「界面活性剤不使用」で「W洗顔不要」のクレンジングを愛用しています。

でも、肌荒れや乾燥の原因となる肌のバリア機能を低下させるのは、界面活性剤だけでなく、自分の洗顔方法にも問題があったのではないかと考えています。

クレンジングの選び方、洗顔料の選び方、洗顔の回数、洗顔の時間、洗顔の方法、すすぎの水温などなど、肌のバリア機能を破壊するのも、守るのも自分なんです。

界面活性剤に対して拒絶反応を起こすより、上手に付き合っていこうと思いました。

みなさんは、どう思いますか?


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する