×過剰な保湿ケアは乾燥を生む?化粧水編

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s.jpg

乾燥の時期がやってきます。

今の時期、私以外にも「乾燥」を感じている方が、もう多いのではないでしょうか?

季節の変わり目の秋から冬にかけて肌がゆらぎやすい季節でもあります。

運動会で浴びた紫外線、そして朝晩の寒暖差…笑うと頬が突っ張る感じがします。

つい以前のように「保湿ケアが必要!」と爆走したいところですが、グッと我慢。

自分の肌と対話しながら必要なケアのみ行うようにしています。

なぜなら今までの経験で過剰な保湿ケアは肌荒れの原因だと知っているからです。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



保湿といえば化粧水?

肌が乾燥する時期になると自然と化粧水の消費量が多くなりませんか?

保湿=化粧水?

いやいや、化粧水だけじゃダメ、クリームでフタしなきゃ?

そして、必要以上にたっぷり化粧水を使い、適量以上のクリームで顔全体を覆う。

これでバッチリ♪

…じゃありません。(悲)

そもそも化粧水での保湿には限界があるんです。


肌が吸収できる水分には限界があり、また肌の状態によって個人差があるものです。

化粧水が浸透するのは表皮までもっと言うなら基本的に角質層までです。

角質層には、角質細胞がブロック状に重なり、その間にはセラミドを主成分とする細胞間脂質が角質細胞同士をセメントのように接着しています。

このセラミドが角質細胞を十分に繋ぎ合わせることで、肌に水分をキープ。

水分が保たれた肌にはバリア機能が働きます。

肌の構造について詳しく知りたい方はコチラの記事を読んでみてね。
肌の構造とその役割を知ることで自分の肌を知る


肌が健やかな状態であれば、化粧水はあまり必要ではありません。

ですが、加齢や間違ったスキンケアにより保水力に欠かせないセラミドや細胞間脂質、MNF(天然保湿因子)は失われがちです。

肌が乾燥しているということは、これらの機能がうまく働いていない状態と言えます。

では、足りない水分を補うためにセラミドとかヒアルロン酸が配合された化粧水をたっぷり塗ればいいじゃない?…というわけではないんです。

化粧水を必要以上に使うと逆に肌を乾燥させてしまう場合があります。

その原因は、過乾燥を引き起こすからです。


過乾燥とは?

水と言うのは、簡単に蒸発します。

特に、私たちの肌についた水分は、体温のせいで予想以上に早く蒸発します。

ただ蒸発してくれるだけなら良いのですが、その際に、肌の中の水分まで一緒に蒸発してしまいます。

先ほどもお話したように肌に吸収される水分には限度があるので、必要以上に与えた水分は肌表面から蒸発していくことになります。

必要以上にたっぷりバシャバシャと化粧水を使い、肌にちゃんと浸透させないでおくと、より乾燥が進行してしまうリスクが高まるだけなのです!?


過乾燥のわかりやすい例をあげると…

唇が乾燥したときにリップクリームがない!?
とりあえず舐めとけ~

なんてしたことありませんか?
え?私だけですか?

その後どうなるかと言うと、唇はもっと乾燥してしまうだけなんです。

まさに、舐めることで肌表面の水分が蒸発する際に、肌内部の水分まで失っているから。

なんとなくご理解いただけたかな?


過乾燥を引き起こしやすいNGケア

以前、乾燥に悩んでいた私は、携帯できるスプレータイプの化粧水を持ち歩いていました。

お化粧している上からでも使える乾燥肌には魅力的なアイテムでしたが…結論から言うと、私の乾燥肌はさらに悪化しました。

化粧崩れをきらいシューっと吹きかけるだけで、肌にしっかり浸透させていませんでした。

当時は原因がわかりませんでしたが、今思えば、まさに過乾燥を引き起こしていたんですね…


同様に、ローションパック

正しく行えば、乾燥にとても有効である反面、やり方を間違えると逆効果になります。

正しいローションパックのやり方について知りたい方は、コチラの記事を参考にして下さい。
ローションパックで乾燥の時期に備える

th.jpg

ありがちなNGケア方法は
・時間を守らない
・パック後しっかり肌になじませない


パックする時間、守っていますか?

自前のコットンパックなら3~5分

美容液パックなど市販のタイプなら大体10分くらいが目安ですかね!?

でも、特に市販されているタイプは推奨された時間を過ぎても、化粧水や美容液が垂れるほどたっぷり余っていますよね!?

まだ大丈夫かな?
な~んて、ずっとパックしていると同時に過乾燥を引き起こす可能性がどんどん高まります。

また、大事なのはパック後のケア

私だけかもしれませんが、(恥)
パック後の化粧水や美容液がもったい!と肌にビチャビチャ塗りたくっていました。

肌になじませたり、余分を洗い流すこともせず、そのまま寝ていましたよ…

パック後はモチモチだった肌も、それは一時的なこと。

乾燥肌は改善されるどころか月単位、年単位で考えたら、悪化する一方でした。


スキンケア方法を見直す

他にも乾燥肌に良いとされることは片っ端から試していましたが、どうして乾燥肌が治らないのかと心底悩んでいました。

悲しいかな、自分が肌のために良かれと行っていた余計な・間違ったスキンケアが乾燥肌を慢性化させていたのです。

化粧水は適量をしっかり肌に浸透させる。

これだけで本当は良かったんです。

化粧品を変えるたびに、すぐに目に見える改善が見られないと「これは効かない!」なんて、また他の化粧品を試していました。

見直すべきは、使っている化粧品ではなく、自分のケア方法だったのかも…

そして、肌のターンオーバーの仕組みをちゃんと知っていれば、日単位・週単位でのケアで改善の兆しが見えたとしても、すぐに美肌になれるわけではないことも理解できたはず。

バランス感覚が大切ですよ~
過ぎた保湿は肌荒れの原因になります。


肌への過保護・過干渉はもうやめよう!

ほんと肌荒れの原因の多くは
・過剰なスキンケア
・間違ったケア方法


肌を構い過ぎてしまうと、
子供で例えると
過保護になり自立できない
=肌のバリア機能が低下して、
自らの保水力まで低下させてしまう。

過干渉になり反抗的になる
=あらゆる肌荒れを誘発してしまい、
制御不能な状態に!?

こんな感じですかね!?(苦笑)

こんなに大切に思ってなんでもしてあげてるじゃない! 大事に大事に育てているのに…

いえいえ、それは親のエゴです(悲)

肌もそれと同じ

肌に本当は何が必要か?
やさしく見守ってみるのも良いのかも。

そんな自分の肌との対話がとても大事だと今は感じています。

肌と対話するのに必要なのは手のひら

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s.jpg

化粧水をなじませる。
手のひらでじっくり温めながら
5秒間プレス

少し足りない?もう十分かな?

適量は、ハンンドプレスで自分の肌と手のひらが教えてくれます。

乾燥肌や肌荒れがなかなか治らない方は、一度スキンケアを見直してみると良いかもしれませんよ。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する