×もう悩まない!青くまを解消する方法

目の下のくまの解消方法をシリーズでご紹介しています。

今回は、「青くま」にスポットをあてたいと思います!

Dazzy Bee (10)
©Dazzy Bee


まず、青くまの原因は基本「血行不良」なので、青くまを消すためには、その血行不良を改善させる必要があります。

血行不良を引き起こす原因として、睡眠不足や不規則な生活による疲れやストレスがあげられますが、他にも考えられる原因があります。

パソコンやスマホ、読書などによる眼精疲労、ドライアイなどの目のトラブルです。

また、肌荒れしていると、皮膚がますます薄くなり、毛細血管が浮かび上がることで血液が青く透けて見える場合もあります。

青くまは原因がハッキリしているので、比較的対処しやすい反面、生活習慣など見直す必要もあります。

具体的な改善方法をみていきましょう!


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



青くまを消す具体的な改善方法

1. ホットアイマスクで血行促進

タオルをお湯であたためて、目元にあてる。

目元ケアに必要な美容成分が配合された市販のホットアイマスクもありますね。

直接的に血行を促進させる手軽で簡単な方法です。

電子レンジで濡れタオルを熱くする方法もありますが、目元だけが目的なら、あまり熱すぎる濡れタオルは避けた方が良いと思います。

目元は皮膚が薄く乾燥しやすいので、バリア機能も低下しがちな部位です。

熱すぎる濡れタオルは過度な刺激となり、角質層を傷つけるリスクが高いので、注意が必要です。


2. 目元のマッサージで血行促進

毎日のスキンケア時に簡単に行えるマッサーじをご紹介します。

8293f87e3deae6f76f6a3e02ff85a743_s.jpg


クリームかアイクリームを薬指にとり、なじまます。
※人差し指や中指だと力が入り過ぎてしまうので、薬指で行うことをおすすめします。

目尻→下まぶた→目頭→上まぶた→目尻→こめかみ

やさしく数回繰り返しましょう。

つい効果がでるように力を加え過ぎてしまいがちですが、それは逆効果!

目元は体で一番皮膚が薄いデリケートな場所、もちろん摩擦や刺激は大敵です。

目元の皮膚を引っ張るのもNG!

必ずクリームを使用して、指をなめらかに滑らせて、力をかけないことがポイント!


3. 肌荒れをケアする

全ての「くま」に共通して言えることですが、皮膚の薄い目元は、特に肌荒れ・乾燥の影響がでやすい部位です。

目元に乾燥は大敵!

まずは、しっかり保湿して、目元専用のクリームなどでケアしましょう。


4. 眼精疲労対策

特にドライアイの方は、こまめに目薬をさすと良いでしょう。

bglen 美容イメージ6
b.glen

私も長年ドライアイ状態なので、自宅用・携帯用とつねに目薬は常備しています。

パソコンやスマホ・読書などで「目が疲れたなぁ」と思ったら、少し手を休めて、目を休めてあげると良いですよ。


5. サプリメントをとる

眼精疲労に効くヒルベリーやブルーベリーなどサプリメントも数多く出回っていますね。

血行を促進させるビタミンEやポリフェノール、アントシアニンなど、長時間パソコンを使用するような方は、積極的に取り入れてみては?

私は飲んでいるのはコチラ!



何を選んでよいかわからなかったので、口コミサイトのランキング1位だったビルベリープレミアムにしました。

お値段も他のものよりお手頃で、続けやすいです。

長時間パソコンで仕事をしている上に、元々ドライアイで、視力も超ド近眼…目のケアは大切にしています。

毎日欠かさず飲んでいるわけではありませんが(汗)、飲むとやっぱりスッキリしますよ。


まとめ

青くまを消すのは結構簡単ですが、その代わりすぐにクマができます。

朝起きたら、昨日はなかった「青くま」ができてる!?なんてこともしょっちゅうです。

日々の生活習慣や行いが、目元にダイレクトに反映されてしまうからです。

まずは何より疲れをためないように、十分な睡眠時間をとるように心掛けましょう。

目が疲れやすい人は小まめに目薬をさしたり、サプリメントをとると良いでしょう。

私は、仕事中のPC、スマホやテレビを見る時には、PCメガネでブルーライト対策をはじめました。

ちょっとした心掛けで青くまは解消できますので、しっかりケアしていきましょうね♪


目元のくま、気になる方は他のタイプもチェックしてみてください。
もう悩まない!目の下のクマを消す方法
黒くまを解消する方法
茶くまを解消する方法

目元ケアに欠かせないアイクリーム、私の独断で選んだおすすめ商品はコチラ
目元ケアにアイクリームは必要?


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する