×正しい洗顔の方法、自分の肌は自分で守る!

スキンケアの基本中の基本である「洗顔」。

実は意外と間違ったやり方をしている人が多いかも?

ただ何気なくゴシゴシ洗っているだけではありませんか?

「乾燥肌が気になる」「毛穴の黒ずみが気になる」「顔の赤みが気になる」という方は、洗顔方法が間違っている可能性があります。

過剰な洗顔や間違った洗顔は、角質層にダメージを与え、乾燥肌や敏感肌、脂性肌、毛穴、シミなど、様々な肌トラブルの原因となるからです。


毛穴の黒ずみ・詰まり・開き、くすみやシミ…メイクで隠すことに必死になっていませんか? 隠すのは、もうやめませんか?


自分の肌は自分で守る。それが基本です。

洗顔とは、美肌をゲットするための最も基本的な「落とす」スキンケアです。

正しい洗顔方法をマスターして、肌トラブルを寄せつけない強く美しい肌を手に入れましょう!

bglen 洗顔イメージ1

今回は、正しい洗顔方法についてご紹介していきます!


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



正しい洗顔方法

洗顔での一番大事なポイントは、「擦りすぎない」ことです。

摩擦が起きてしまうと、肌荒れや敏感肌の原因になったりしますので、意識して洗顔をしてくださいね!


1. まずは手を洗う

手についている雑菌などが顔に移らないように、そして洗顔料がよく泡立つように、まず手を洗います。


2. ぬるま湯で余洗いする

ぬるま湯で洗う事により毛穴を開かせやすくし、汚れを落としやすくしてあげます。

顔を濡らさずに洗うと、摩擦が起きやすくなり肌への刺激が強くなります。

ぬるま湯は体温より少し低い32~35度くらいがおすすめです!

皮脂は温度が高いほど溶け出す性質がありますので、温度が高すぎると皮脂が落ちすぎて、逆に乾燥の原因になる場合もあります。


3. 洗顔料をよく泡立てる

次に、洗顔料で細かい泡を作るようによく泡立てます。

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s.jpg

具体的には、洗顔料を利き手とは逆の手の平にのせ、手のひらを少し窪めてボウルのように、利き手の指先3本で水を少しずつ足しながら、よく泡立てていきましょう。

苦手な方には、市販の泡立てネットがおすすめです。 私も愛用中


4. Tゾーンから優しく洗い始める

もちもちの泡が玉子1個分ほどの大きさまでできたら、まずはTゾーンや顎など、皮脂が多い部分からやさしく洗い始めます。

手と肌の間にクッションのように泡をのせて、なるべく指がお肌に触れないようにしましょう。

額に泡をつけ、徐々に広げながら こめかみ部分に移します。

黒ずみになりやすい鼻は、泡をクルクルと指でマッサージするように洗いましょう。擦っちゃだめですよ!


5. 目元や口元は泡をのせるだけで十分

次に、頬を洗います。 頬はTゾーンほど皮脂はでていないので、泡をのせるイメージで優しく洗いましょう。

乾燥しがちな目元や口元などは、泡をのせるだけでも十分です。

目元は特にデリケートな部分、しつこいようですが(笑) ゴシゴシと擦らないように注意しましょう。


6. ぬるま湯で最低20回以上すすぐ

洗顔料をぬるま湯で最低20回以上はすすぎ、洗顔料が肌に残らないようにしましょう。

bglen 洗顔イメージ 2-2

特に、「あご」「こめかみ」「髪の生え際」は泡が残りやすいので、すすぎ残しのないように特に気をつけて下さいね。

すすぐ時に手でゴシゴシと肌に触れてしまわないように、手のひらのぬるま湯に「顔をつける」イメージで…


7. 清潔なタオルで顔を押さえる

すすいだあとは、清潔なタオルで顔を押さえ、やさしく吸収させるようにして顔の水気を取り除きます。

ここでも、摩擦は厳禁です!最後まで気を抜かずに気をつけましょう。

タオルは指よりも摩擦が起きやすいので要注意です。


8. 洗顔後はすぐに保湿

洗顔後の肌から水分が蒸発する時に、角質層の水分が奪われる過乾燥を引き起こしがちです。

できるだけ早く十分な保湿をするように心掛けて下さい。

過乾燥について詳しく知りたい方はコチラも読んでみて下さいね。
過剰な保湿ケアは乾燥を生む!?


自分の肌状態に合わせて…

脂性肌の方は、Tゾーンなど皮脂の多い部分を入念に洗いがちですが、入念に洗おうとするあまり ゴシゴシと擦ってしまうと過剰な刺激となり、かえって肌トラブルを引き起こす原因となります。

また、必要以上に皮脂を取り過ぎると肌が乾燥するだけでなく、肌を外的刺激から守ろうと皮脂の分泌がさらに過剰になったり、角質が厚くなったりしてしまいます。

その結果、ニキビや毛穴が目立つようになってしまいますから、ほどほどに。

乾燥肌の方は もともと皮脂が少ないので、乾燥がひどい時は洗顔料の使用は夜1回のみに、朝はぬるま湯のみで洗顔することをおすすめします。

朝の洗顔について詳しく知りたい方はコチラも読んでみて下さい。
朝の洗顔は必要?正しい朝の洗顔方法とは?


それほど乾燥がひどくない場合は、Tゾーンなど脂っぽい部分を中心に軽く泡をのせる程度に洗い、酸化した皮脂や夜に使った化粧品の油分のみを洗い落とすのがおすすめです。

夜の間にバリア機能が回復するので、朝に洗顔をしすぎると、せっかく回復したバリア機能を再度低下させてしまうことになります。

酸化した皮脂は肌の刺激になってしまいますが、必要な皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分(NMF)は、乾燥や外的刺激などから肌を守る大切なバリアです。洗いすぎにはくれぐれも気をつけましょう!

参考:スキンケア大学


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する