×毛穴の詰まりを放置すると角栓や黒ずみの元!

毛穴のつまりとは、古い角質や未熟な角質が溜まっている状態です。

もちろん古い角質が溜まっているだけなら、そんなに問題はないのです。 正しい洗顔を繰り返すことで自然と剥がれ落ちていくからです。

でも、そこにホコリやメイク汚れが付着したままになると、炎症を引き起こしニキビなどの肌荒れの原因となります。

さらに、そこに皮脂が加わると角栓の出来上がり!? 角栓は「皮脂の塊」だと勘違いされている方も多いようですが、実は角栓の70%は古い角質(タンパク質)なんです。

さらに、毛穴に詰まったものや角栓が酸化することで、毛穴が黒ずんでいきます。

特に、黒ずみができやすいのは小鼻まわり、毛穴の詰まりを放置してしまうと、黒ずみの目立つ いわゆる「イチゴ鼻」になってしまうのです。

StyleCraze India 12
© StyleCraze India


できれば「いちご鼻」になってしまう前に、毛穴はキレイにしておきたいものです。

では、毛穴のつまりを除去したり、予防するにはどうしたら良いでしょうか?


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪



毛穴は詰まるもの?

毛穴の詰まり・角栓ときくと、「汚い!」とか「美肌の敵!」とか肌に悪いイメージがあります。 確かに、私もずっとそう思っていましたし、古い角質も、開いた毛穴もないにこしたことありません。

でも、肌がターンオーバーを繰り返している限り、肌は生まれ変わり、古い角質が生まれ続けるのです。

健やかな角質層であれば自然と剥がれ落ちていくはずのものが、肌に留まってしまうには理由があります。

ターンオーバーの乱れによる未熟な角層や、低下したバリア機能など、肌としての機能を果たせていないからです。


角栓と言うと、洗顔後に小鼻まわりなどに白くてニョロニョロしたものをイメージすると思います。

あの白い角栓があると見た目ホントに気持ち悪いですよね!?

でも、鼻や頬の目立つ開いた毛穴には、ぽっかり穴が開いているように見えても、中には角質や酸化した皮脂が詰まっているんですよ~実はこれも、角栓なんです。 立派な角栓になる前段階って感じですかね。

イチゴ鼻
© スキンケア大学

これが、酸化していくと黒ずみになります。 さらに年季が入ってくると、毛穴いっぱいに詰まった丸い頭の角栓に成長していってしまうんです。

この角栓は「タンパク質+皮脂」なので、古い角質が溜まっていなければ、皮脂が過剰に分泌されていなければ、角栓もできにくいということ。

しかし一方で、角栓とは「毛穴に栓をする」 文字通り毛穴に蓋をしているのです。

低下したバリア機能を補い、毛穴へ雑菌や細菌などの侵入を防ぐために、角栓ができるとも考えられます。

ん~、必要悪? いやいや、やっぱり汚いからイヤ!

では、どうしたら良いのでしょうか?

肌が健康で美サイクルを保っていれば、毛穴も小さく引き締まっていき、詰まりや角栓を引き起こしにくいものです。

「タマゴが先か、ニワトリが先か」的な話になってしまいますが、まず毛穴が詰まらないようにするためには、正常な肌のターンオーバーと健やかな角質層が必要だと言えますね。


今ある毛穴の詰まりや角栓を除去するには?

正常な肌のターンオーバーも健やかな角質層も、一朝一夕にはできません。

また、今そこにある危機?詰まりや角栓も放置しておけません。

毛穴をスッキリとキレイにしようと思ったら、まず思い浮かべるのは「毛穴パック」ではありませんか? 私も20年近く愛用していました。

結論から言うと、私個人としては「毛穴パックは、おすすめしません!」

毛穴パックはとれた角栓が目に見えるという爽快感はありますが、肌への刺激が強く、あまりにも肌を傷つけるリスクが高い。 さらに、できてしまった角栓を取るだけ?と一時しのぎでしかなく、根本的解決には至らないからです。

毛穴パック
© We Heart It

毛穴パックをはじめとした間違った毛穴ケアについて詳しく知りたい方は、コチラの記事を参考にして下さい。
過剰な毛穴ケアは逆効果?

次に、思い浮かべるのはオイル系クレンジングですかね? 私も10数年いろんなオイル系クレンジングを愛用してきました。

結論から言うと、私個人としては「オイル系クレンジングも、おすすめしません!」

オイルクレンジングで角栓が溶け出す、というのは正直疑わしいからです。

確かに、オイルでクルクルしている間にニョロニョロした角栓がスルッととれることもありますが、角栓の主成分はタンパク質なので、溶け出しているわけではありません。

角栓に対する効果が疑わしい上に、クレンジング剤は比較的肌への負担が高いので、毛穴ケアとしてのご使用はおすすめできないです。

ちなみに、ピーリングもおすすめしません。

理由については、コチラの記事を読んでみて下さい。
本当にピーリングが必要?

んじゃ、どうしたらいいのよ!?って感じですよね、すみません。

私の結論は、「余計なことは何もしない」です。


余計なことは何もしない!

肩透かしのような結論ですみません。 でも、これが約20年間ずっと毛穴と戦い続けた結果、導き出された結論なんです。

私が、毛穴のために行ってきた数々のスキンケア化粧品や洗顔料、毛穴ケア、角質ケア、美顔器、エステ、クリニックでの施術。

どの方法も一時しのぎでしかなく、しばらくすると再発?同じことの繰り返し、もうイタチごっこでした。

IMG_9627.jpg
© We Heart It

そんな私も今ではかなり毛穴キレイになりました。

なぜか? その理由は…余計なことをやめたからです。

肌に負担となるようなケアは一切排除、基本のスキンケア(化粧水・美容液・クリーム) 以外のスキンケアはしていません。

一時期、定期的にローションパックやホットタル洗顔も行っていましたが、これらのケアも正しく行っていればとても効果的ですが、やり方を間違えると肌への負担となります。 諸刃の刃ですね。

でも、肌が改善するにつれローションパックもホットタオル洗顔も必要性を感じなくなったので、今では行っていません。

クレンジング不要のミネラルメイクに切り替え、夜は「正しい洗顔」を心掛け、朝の洗顔は肌の調子を見て基本洗顔料なしでぬるま湯で洗顔しているだけです。


こだわるべきは、落とすスキンケア!

毛穴をキレイにするために、一番大事なキモが「正しい洗顔=落とすスキンケア」です。

正しい洗顔を徹底することで、肌を清潔に保ち、自然に肌のターンオーバーを促し、角質を守り育てることを目指しています。

こんなことで肌が変わるの?毛穴の詰まりや角栓を除去できるの?と思われるかもしれません。

もしかしたら他にも毛穴の詰まりや角栓を改善・予防できるケア方法があるのかもしれませんが、テクニックやコツが必要で、正しく行えないことで根本的に解決されなかったのであれば、意味がありませんよね!?

私自身が約20年間「毛穴にいい!」と謳われている商品やケア方法を手当たり次第に試してきて全然改善されてこなかったものが、一切手を抜いた途端に「肌が変わってきた!?」

さらに、洗顔にこだわりだしたら、みるみる間に毛穴が小さく目立たなくなってきたのです。ついでに、乾燥肌も改善されてきました♪

これが、私自身の肌が教えてくれた解決方法です。

Lift and Glow Pro 6
© Lift and Glow Pro

急がば回れ!

肌の悩みが深ければ深いほど、過剰なケアや間違ったケアに走りがちなものです。 問題に対して何かせずにはいられないからです。 全て肌のために良かれと思ってしていることだと思います。

でも、その余計な過剰なケアが肌を疲弊させているかもしれません。 肌に負担をかけ、肌を傷つけ、さらに問題を大きくしてしまっている可能性があるのです。

「肌の負担となることやテクニックが必要なことは極力避ける」のが、今の私流「美肌のススメ」です。

問題に対して「何もしない」というのは結構ツライものです。 でも、何も対処しないというわけではありません。

「過剰なケアをやめる」、「正しい洗顔方法をマスターする」など肌のために行うべきことがあるからです。

毛穴パックのように「一度でゴッソリきれい」とか、クレンジングや洗顔で「洗うだけで角栓スッキリ除去」とか、化粧品で「塗っただけで毛穴が引き締まる」とか、そんな即効性はありません。

でも、正しい洗顔を徹底することで、肌を清潔に保ち、自然に肌のターンオーバーを促し、角質を守り育てることで、毛穴トラブルを根本的に解決することができます。

まわり道のように感じるかもしれませんが、私にとっては最善の方法でした。

みなさんは、どう思いますか?


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する