×おでこのたるみを速攻でなくす方法!効きます

額のたるみ…
シワってほどじゃないけど、上目遣いしたり目ヂカラをいれたりすると、おでこがたるむ!?

bglen 美容イメージ7
picture b.glen

おでこのシワといえば、顔の中でもほうれい線などのように、もっとも目立つシワのひとつと言われています。

たるみを放置していたら、シワになるのも時間の問題!?できればクッキリとシワが刻み込まれる前に対処したいものです。

顔のエクササイズやツボ押し、シワやたるみに効果的なスキンケアなど、調べてみると改善方法も見つかりました。

もちろんそういった日々のケアでコツコツと改善させていくことも大切です。

でも、今日ご紹介するのは、もっと速攻でしわやたるみを解消する方法!

ここぞ!という時には役に立つと思います。

ただ残念ながら、条件があるんです。

詳しくお話していきますね~

続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪




結論から、ズバリと言います。

髪を結ぶ!だけです。

はい
期待をさせておいて…こんな方法?と思われてしまうかもしれませんが、

一時しのぎとしては、本当に最高の効果を見せてくれます!

条件があると申し上げたのは、髪を結ぶだけの長さが必要だからです。

Маникюр ру (7)
© Маникюр ру

実は、私事になりますが、先日ばっさり長かった髪を切ったんです。

7年以上365日、毎日髪をキュッと1つにまとめて縛っていました。 前髪が伸びてくると邪魔なので、前髪も一緒にギューギュー締めあげていました。

あ、それはそれでシャキッとして自分らしいと自分では気に入っていたんですけどね。

でも、そんな髪型を久しぶりに変えてみたら、フワフワ揺れる髪に何だかウキウキした気持ちで喜んでいたのですが、

鏡を見てみると…全く見覚えのない「おでこのたるみ」を発見!?

え?いつの間に?昨日までなかったよね!!

もうおわかりですか?

そうなんです、毎日髪を結んでいたので、「おでこのたるみ」に気づかなかったんです。

まぁ、厳密にいうと毎日縛り続けた結果、おでこの皮膚が伸びてしまった?とも言えますが、結び続けることでそれさえ気づかないくらいの効果はあります。

ということは?

「おでこのたるみ」は髪をスッキリと結ぶことで一時的にカバーできる!ということ♪

考えてみたら、単純なこと。
おでこの皮膚と頭の皮膚はつながっているんですよね~

美容整形でも昔は、おでこのたるみをとるのに髪の生え際の皮膚を切り取って引っ張り上げるじゃないですか!?(今は注射するんでしょうけど)

まぁ、そんな大それたことをしなくても、私のような「おでこのたるみ」くらいなら髪をキュッと結んで、顔の皮膚を引っ張りあげるだけでも、たるみは解消されるってことです。

でも、たるみ解消のために365日毎日髪をキュッと縛り続けると…私のようにおでこの皮膚が伸びてしまいますので、要注意です。(笑)

まったく根本的な解決方法ではありませんが、イベント時など「ここぞ!」と言うときには役立ちます。

髪をふんわりまとめるのも たおやかで素敵ですが、たるみを隠すためならキュッと引っ張り上げるように髪をまとめるのがコツです。

jessicaferraro 1
© jessicaferraro

髪をクルクルふわっとさせたいなら、キツク結んだ髪をクルクルさせてから逆毛を立てて、隠しピンで好きなカタチにアレンジすれば同じようなふんわりまとめ髪も作れますよ~

私のお気に入りは「なんちゃって夜会巻き」

一度髪をキツクまとめて結んでから、ゴムの位置を緩め、髪をねじり上げてコームを刺すんです。
毛先を入れ込んで夜会巻きみたいな仕上がりにしたり、毛先をすこし逃してあげたり、いろいろアレンジができるので、おすすめですよ。

夜会巻きは難しそう?という初心者の方でも、ゴムで一度結ぶことで髪をまとめやすく、髪をねじる時も髪がバラバラとしないので簡単にできます。 私も20代の頃に美容師さんに教えてもらったんです♪

お話がそれてしまいましたね。 ヘアアレンジの話はまた今度。


さて、おでこのたるみに困っている方で、髪はいつも下ろしている方、ぜひ試しにやってみて下さい。
おでこのたるみに速攻効きますよ!

…髪の長い方には朗報ですが、髪を切ってしまった私はもうできません(涙)

でも、髪を切らなければ、こんなにおでこがたるんでいたことにも気づかなかったかも!?

私は仕方がないので地道に「たるみケア」をすることにします。

「額のたるみ」を改善できるケア方法などいろいろ試してみてから、効いたものを改めてご報告しますね~


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪


関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する