×おでこにシワができる原因は老化だけじゃない?

「額の横じわが目立ってきてる?」
「何コレ?眉間に縦じわ!」

ある日ふと今まで気にならなかった「しわ」を見つけて、ショックを受けたことはありませんか?

「しわ」となるほど刻まれていなくても、肌がたるんでいたり、ラインがうっすら影のように見えたり…

一度できてしまうと、とっても目立つおでこのしわ。

前髪で隠していても、ふとした拍子に見えてしまう…ほうれい線に次いで老けて見える代表格と言えます。

Demitri Otis 10
© We Heart It

現時点でシワとして刻まれていなくても、安心していられません。

笑った時や目を見開いた時など、おでこがたるんでいたりしませんか?

眼鏡やコンタクトの度があっていなくて見えづらい時、目を凝らしていませんか?

これを放置しておくと、常におでこにクッキリとシワが刻まれてしまうかもしれません!?

さらに、このおでこのシワ…年齢を重ねた女性特有のものと思っていませんか?

実は、最近では20代などシワと無縁そうな年代の方でも、おでこのシワやたるみに悩んでいる人もいるようです。

年齢を問わずできてしまう「おでこのシワ」について、今回は紹介していこうと思います。

おでこのシワ対策については、文末のリンク記事を参考にして下さいね。


続きを読まれる前に
応援していただけると嬉しいです♪




おでこにシワができる原因とは?

IMG_9672_2.jpg
© We Heart It

紫外線・乾燥

おでこも顔の肌、シワができる原因は基本的に目元・口元などと変わりません。

シワができる原因といえば、紫外線の影響乾燥です。

額は常に外気にさらされやすく、また日差しを受けやすい部分なので、特にシワができやすい部位だと言われています。

紫外線対策が万全でないと、紫外線の影響を受けて肌にダメージを蓄積してしまいます。 この肌への負担やダメージが肌老化を早めてしまいます。

光老化による肌のたるみが加わることで、シワに発展してしまう場合があるのです。

また、おでこなどのTゾーンは皮脂の分泌が多いので乾燥とは無縁では?と思われがちですが、そうとも言い切れないんです。

特に、おでこのテカテカが気になる人は、つい洗い過ぎてしまったり、1日に何度もあぶらとり紙を使ってしまったり…結果、肌に必要な皮脂までとってしまい、乾燥を進めてしまうなど、肌へ負担をかけてしまうので注意が必要です。

さらに、40代も過ぎてくると皮脂の分泌量は低下しがちに!?50代を超えると20代の頃と比べて皮脂分泌量が半分以下になるとも言われています。

そんな中、40代過ぎても「おでこがテカテカ!」なんて人は、もしかしたら乾燥による皮脂の過剰分泌を引き起こしているだけかもしれません。

おでこのシワが気になる方は、今一度、紫外線対策や保湿ケアを見直してみると良いと思います。


表情の癖・生活習慣

年齢を問わずおでこにシワができやすいのは、表情の癖生活習慣が大きく影響していると考えられます。

特に、この表情の癖というのが曲者です!

癖というだけあって、なかなかやめられない上に、日々無意識に繰り返しているからです。

表情の癖で特にシワになりやすいのが、眉間のタテのシワ。 老けて見えるだけでなく、いつもイライラしているような印象を人に与えてしまうアレです。

考え事をしている時、パソコンやスマホの携帯を見る時、視力が合わない眼鏡やコンタクトを使用している時など、しかめっ面をしていたり、眉間にしわを寄せていることがあります。

また、話しながら眉毛を上げたり下げたりする癖がある人は、個人的にはとても表情豊かで好ましいと思うのですが、額に横じわが入りやすい癖でもあります。

こういった表情筋を伸縮させる動きを日常的に続けることでシワが刻まれてしまいます。

繰り返し表情が動くことによって、肌がシワのある状態を記憶してしまい、さらに加齢が進んで肌のハリが低下してしまうと、クッキリと肌に残りやすくなってしまうのです。

このような積み重なる癖を見直すことも大事ですが、とりあえず気づいた時には額や眉間を指でほぐしたりすると良いですよ。

IMG_9670-2.jpg
© We Heart It

また、日々の生活でストレスを感じたり、疲れが溜まると、無意識に眉根を寄せていたり、表情が曇ってしまいがちに…

さらに、ストレスを抱えている人は、睡眠中の表情がこわばっていることがあります。 寝ている長い間、シワを作り続けるような表情をしていたら、あっという間におでこにシワが刻まれてしまいます。


できてしまったおでこのシワは消えるのか?

しわを刻み込まないように予防することは、もちろんできます。

シワを刻み込んでしまうような癖を見直したり、日頃からエイジングケアを主としたスキンケアを心掛けるなど、年齢を止めることはできませんが、老化を遅らせることは可能です。

でも、一番の問題は「すでにできてしまったシワを消すことはできるか?」ということですよね!?

正直「今すぐ消したい!」というのは難しいと思いますが、目立たなくさせること、少しずつ改善することは可能だと思います。

肌は日々新陳代謝を繰り返しています。 肌は生まれ変わるのです。

刻み込まれたしわを今すぐ消すことはできなくても、肌表面のハリや弾力、うるおいを保つことでシワを目立たなくすることは可能です。

レチノールなどのシワに効果的な美容液やクリーム、セラミドやヒアルロン酸などの保湿・整肌成分が配合された化粧水など、シワ消し効果が高く即効性のある化粧品がおすすめです。

また、年齢とともに減少してしまうコラーゲンやエスラチンなどを補うスキンケアで、肌のたるみを引き起こす真皮層のゆるみをケアすることも大事です。

さらに、皮膚の土台となる表情筋を鍛え、顔のたるみを防ぎましょう。

毎日のスキンケアが5年後、10年後の肌を作る。 コツコツと積み重ねるようにケアしていきたいと思います。

おでこのシワを改善する方法についての記事はコチラを参考にして下さい。
おでこのたるみ・しわを消す方法!自宅で簡単エクササイズ
おでこのたるみを予防・改善する方法!やさしくマッサージ
おでこのたるみを速攻でなくす方法!効きます


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援していただけたら嬉しいです♪



関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する